エボラブルアジア、インバウンド子会社2社を統合し「株式会社インバウンド プラットフォーム」に

  • 2018年8月7日

 エボラブルアジアは、インバウンド事業子会社2社を統合し「株式会社インバウンド プラットフォーム」とした。

One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、オンライン旅行事業、訪日旅行事業、ITオフショア開発事業と投資事業を手掛ける株式会社エボラブルアジア(本社:東京都港区、代表取締役社長:吉村 英毅、証券コード:6191、以下当社)は、平成30年8月1日付けで、当社の訪日旅行事業子会社である株式会社エルモンテ RV ジャパン(本社:東京都港区、代表取締役社長:武原 等、以下エルモンテ RV ジャパン社)と株式会社Destination Japan(本社:東京都中央区、代表取締役:王 伸、以下Destination Japan社)の2社を合併し、社名を株式会社インバウンド プラットフォームへ変更いたしました。
また、新会社株式会社インバウンド プラットフォーム単独での将来の子会社上場(IPO)を最短で実現すべく、インバウンド領域でのさらなる事業拡大を図ってまいります。

■組織再編の背景・概要
今回の合併では、2018年4月に行われた当社の訪日旅行事業子会社2社(エルモンテ RV ジャパン社と株式会社AirTrip Exchange)の合併に続く合併として、同じく当社の訪日旅行事業子会社であるDestination Japan社を加え、社名を株式会社インバウンド プラットフォームへ変更いたしました。また、今回の合併に伴い、当社取締役COOの王 伸が株式会社インバウンド プラットフォームの代表取締役に就任いたしました。
Destination Japan社は、訪日外国人向けWi-Fiレンタルサービス「Japan Wireless」を展開する、欧米向けインバウンドWi-Fi貸出最大手の一角の会社です。
現在、インバウンド市場は急拡大しており、2017年の訪日外国人旅行者数は過去最多の2869万人となり、2020年には年間4000万人まで増加するといわれています。その中において、当社は、一連の訪日旅行事業子会社3社の統合によってさらに収益を強化し、インバウンド向けサービス(キャンピングカー・レンタル、外貨両替、Wi-Fiレンタル)における様々なシナジー効果を生み出せると期待しております。

なお、2018年4月に行われたエルモンテ RV ジャパン社と株式会社AirTrip Exchangeの合併の詳細は下記よりご覧ください。
http://www.evolableasia.com/news/1247?c=&y=&m

【株式会社インバウンド プラットフォーム】
本社   :東京都港区愛宕2-5-1 愛宕グリーンヒルズMORIタワー19F
社名   :株式会社インバウンド プラットフォーム
代表者:代表取締役 王 伸

関連する記事

楽天トラベルは、日本政府観光局と共同で、イニエスタ選手を起用した欧州向けインバウンドプロモーション展開する。 旅行予約サービス「楽天トラベル」( https://trav…

続きを読む

訪日観光客専門バス会社の「ワールドキャビン」は11日 、ホームページを全面リニューアルした。 株式会社WORLD CABIN(所在地:東京都新宿区)は、ホームページを全面…

続きを読む

日本温泉協会は、10言語に対応した風呂でのエチケットを啓蒙するポスターを制作=写真は見本、販売を始めた。訪日外国人旅行者の多い宿などに購入を呼び掛けている。 温泉、入浴関連…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube