エイチ・アイ・エス、ビクトリア州政府観光局と共同で「母娘旅(hahako tabi) オーストラリア・メルボルン」キャンペーン

  • 2018年6月14日

 エイチ・アイ・エスは、ビクトリア州政府観光局と共同で「母娘旅(hahako tabi) オーストラリア・メルボルン」キャンペーンを実施する。

ビクトリア州政府観光局(Visit Victoria)は、株式会社エイチ・アイ・エス(以下H.I.S.)と共同で、母と娘で行く旅を応援する「母娘旅(hahako tabi) オーストラリア・メルボルン」キャンペーンを2018年6月8日から開始いたしました。

 

メルボルンのシンボル「フリンダースストリート駅」メルボルンのシンボル「フリンダースストリート駅」

「世界で最も住みやすい都市」(出典:イギリス雑誌「エコノミスト」2011~2017年)に7年連続1位に選ばれているメルボルンは、市内の通りが碁盤の目のようになっているので街歩きに適していることや、郊外の絶景スポットへも1~2時間で行くことができアクセスしやすいこと、そして思い出に残るフォトジェニックなスポットが多いことから親子旅の思い出作りに最適。そこで『母娘旅(hahako tabi) オーストラリア・メルボルン~普段は恥ずかしくて言えない「ありがとう」を伝える旅~』として特別プランを用意いたしました。
≪母娘旅キャンペーンURL~PC版≫ https://www.his-j.com/tyo/theme/hahakotabi/mel.html
≪スマートフォン版≫ https://smp.his-j.com/kanto/special/hahakotabi/mel.html

【メルボルンが母娘旅行にオススメな4つの理由】
​①女性の心をつかむ、ヨーロッパの面影が残る歴史的な建物や文化が残り大都市とは違った楽しみ方ができる!
​②自然や動物と出会えるヒーリングスポットがいっぱい!
​③母娘トークがもっと楽しくなる!カフェ文化の中心地!
​④市内無料トラムはショッピングやカフェ巡りに最適!

《ココに注目!》
★好評運航中の日本航空・往復直行便を利用
2017年9月1日より成田ーメルボルン直行便が就航し、ますます便利になったメルボルン。
​国内各地からのアクセスも可能なため、遠方に住んでいても成田空港で待ち合わせすれば安心です!

★SNSにアップしたくなるような絶景スポット観光付き
メルボルンで人気No.1のツアー!「世界で一番美しい海岸線」と呼ばれるグレートオーシャンロードへ。

​全長243㎞にわたる美しい海岸線をドライブし、何万年もの太古より浸食によってでき上がった奇岩群が点在する神秘的な風景をご覧いただけます。

絶景スポットといえば「グレートオーシャンロード」絶景スポットといえば「グレートオーシャンロード」

★「オーストラリア最古の蒸気機関車パッフィンビリー鉄道で行くダンテノン丘陵」又は「オーストラリアを代表するワイン産地・ヤラバレーのワイナリーツアー」から選べる観光付き

100年以上の歴史を誇るオーストラリア最古の蒸気機関車パッフィンビリー鉄道に乗って、大自然を満喫。緑豊かなダンデノン国立公園ではカラフルな野生のインコたちに餌付けする体験もできる「のんびり列車の旅」又は、オーストラリア屈指のワインの名産地・ヤラバレーのワイナリーを巡る「大人旅」のどちらかをお選びいただけます。

パッフィンビリー鉄道に乗ってダンデノン丘陵へパッフィンビリー鉄道に乗ってダンデノン丘陵へ

ブドウ畑を眺めながらワインテイスティングブドウ畑を眺めながらワインテイスティング

ヤラバレーのワイナリーツアーヤラバレーのワイナリーツアー

★メルボルン市内の大人気カフェ「Higher Ground」で利用可能なクーポン付き

街歩きに疲れたらメルボルンで人気の開放感あふれるレンガ造りのカフェ「Higher Ground」へ。メニューはすべてフォトジェニックなものばかり。母と娘でおしゃべりしたくなる素敵な空間です。

人気のカフェでひと休み人気のカフェでひと休み

 

~メルボルン基本情報~

メルボルンはオーストラリアの南東に位置し、19世紀の面影を残したビクトリア調の建物と現代アートの建物が融合した街並みが魅力なオーストラリア第2の都市です。別名「ガーデンシティ」とも呼ばれるほど緑豊かな公園が点在し、イギリスの雑誌「エコノミスト」の調査部門がまとめている「世界で最も住みやすい都市」ランキングでは2011年から2017年まで7年連続で1位に選ばれています。
また、国際的なイベントも多く、スポーツやファッション・アート・フードなど多岐にわたります。食文化が発達し、モダン・オーストラリア料理をはじめとした多国籍文化が融合した独特で繊細な料理は、世界の美食家からも高い評価を得ています。イタリア系移民によりコーヒー文化が発達した街でもあり、街のいたる所にカフェが点在していることも特徴のひとつ。一方、郊外にはワインの産地ヤラバレーや、「世界で一番美しい海岸線」と呼ばれるグレートオーシャンロード、そして世界最小のリトルペンギンのパレードで有名なフィリップ島など数多くの観光スポットがあります。

ビクトリア州政府観光局 公式日本語ウェブサイト:http://jp.visitmelbourne.com/

 

関連する記事

JTBは、茂木健一郎を講師に迎え、入場料無料の「第399回JTB旅行文化講演会」を10月7日にグランフロント大阪で開催する。 JTB旅行文化講演会は、1983年にスタート…

続きを読む

ゆこゆこは、温泉ソムリエ認定社員が100名を突破したと発表した。 宿泊予約サービスを提供するゆこゆこホールディングス株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役 社長執行役員…

続きを読む

クルーズ予約サイト「ベストワンクルーズ」は、8月10月11月の限定クルーズを77.7ドルからで販売開始した。 クルーズ予約サイト「ベストワンクルーズ」運営の株式会社ベスト…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube

温泉エッセイスト 山崎まゆみさんが来社!