ウェスティンホテル横浜、館内の消防システムが「優良消防用設備等」として消防庁長官賞を受賞

  • 2022年12月5日

 2022年6月に横浜・みなとみらい21地区内に開業したばかりの新世代の「ウェルネスホテル」、ウェスティンホテル横浜(The Westin Yokohama、総支配人=リチャード・スーター)は2022年11月4日、館内の「光警報装置及び多言語対応放送設備を用いた避難誘導システム」が「優良消防用設備等」として、その安全性を高く評価され、総務省消防庁によりオーナー企業である積水ハウスと連名で表彰された。横浜市内の施設では2011年以来の表彰。

 消防庁では毎年、消防行政に功労のあった者や他の模範となる優れた 消防用設備等を表彰しており、当ホテルは「優良消防用設備等」の部門で、「建物の防火安全性を向上させ、他の規範となる設備」として東京オリンピック・パラリンピック選手村宿泊棟など3件のうちの1件に選出され表彰を受けました。

 

 当ホテルは、お客様と従業員の安心・安全を第一に考えたマリオット・インターナショナルグループの一定の基準に基づき、火災を知らせる光警報装置と多言語対応放送設備をバリアフリー対応客室、レストラン、宴会場等館内各所に多数配備し、非常時はフラッシュライトの光で聴覚障がいのある方に何かあったことを知らせると共に、3か国語(日本・英語・中国)による火災時非常放送により、海外からの宿泊者にも素早く伝えるシステムを導入しております。

 これらのシステムは、車椅子のままご利用いただける「アクセシブルルーム」に置かれた3か国語のパンフレットでもご案内しており、国籍や言語、障がいの有無等に関係なく、どなたでも安心してご宿泊いただけるよう万全の安全管理を期しております。

 表彰式には当ホテルの総支配人、リチャード・スーターも参加いたしました。

参考:「令和4年度消防設備関係功労者等に係る消防庁長官表彰」総務省報道資料
https://www.soumu.go.jp/main_content/000840648.pdf

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第36回「にっぽんの温泉100選」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位道後

2022年度「5つ星の宿」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第36回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2023年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2023年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram