インバウンドガイド協会、「ガイド白書2020」刊行 海外のガイド制度考察

  • 2020年9月23日

 インバウンドガイド協会(久保成人会長)は9日、海外のガイド制度などを紹介した「ガイド白書2020」=写真=を刊行した。調査対象は、旅行者数が多い八つの国・地域(日本、イギリス、フランス、スペイン、中国、台湾、アメリカ、タイ)。各国のガイド制度の考察から、日本国内におけるガイドの人材育成やガイドサービスの品質向上に寄与する。

 白書は、通訳案内士法が改正されてガイドが増加するも生計を立てられる人が限定的で、提供するサービスも一定していないことから、あるべき姿を再考するために調査、刊行したもの。

 ガイド白書では、(1)調査概要(2)各国のガイド制度詳細(3)調査結果(4)考察―の四つの章に分けて制度の傾向や特徴的な施策、有効性などを紹介。考察として、「一部業務独占の導入による、資格保持者の優遇と重要施設におけるサービス品質の担保」「ガイドの人材育成や資格・認定における教育機関の活用」「資格・認定における実技試験や研修の導入による実務面の重視」「外国語だけではなく、母国語も含めたガイドの人材育成や資格・認定制度の必要性」「ガイドのサービス品質に関する世界的な評価基準の標準化の必要性」などがある。

 同協会のウェブサイトで内容が確認できる。今後も定期的にガイド白書を刊行する予定だ。

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第33回「にっぽんの温泉100選」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2019年度「5つ星の宿」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第33回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2020年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2019年度「部門別・旅館ホテル100選」(2020年1月11日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram