イコモス、長崎・天草の「潜伏キリシタン」を世界遺産に登録勧告

  • 2018年5月17日

構成資産の一つ、国宝の大浦天主堂

 外務省は4日、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の諮問機関、国際記念物遺跡会議(イコモス)が「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連資産」(長崎、熊本両県)を世界文化遺産に登録するよう勧告したと発表した。6月24日~7月4日にバーレーンで開かれる世界遺産委員会で正式に決まる。決まれば日本の世界文化遺産としては18件目となる。

 潜伏キリシタン関連資産は、現存する国内最古のキリスト教会の大浦天主堂(国宝、長崎市)や潜伏キリシタンが暮らした崎津集落(熊本県天草市)など、計8市町・12件の資産で構成。

 大浦天主堂の近くにはすでに世界遺産となっているグラバー園の旧グラバー邸があり、二つの世界遺産が並ぶことになる。崎津集落は貝殻の内側の模様を聖母マリアに見立てるなど、独特の信仰で知られる。

 潜伏キリシタン関連資産は、2015年に「長崎の教会群とキリスト教関連資産」として推薦されたが、イコモスから内容の不備を指摘され、勧告前に推薦を取り下げた経緯がある。その後、内容を見直した上で、17年に改めてユネスコに推薦した。

 一方、政府が世界自然遺産に推薦していた「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」(鹿児島、沖縄両県)については、ユネスコの諮問機関、国際自然保護連合(IUCN)が登録を見送る「登録延期」を勧告した。

 
 
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram