アルメックスの宿泊管理システム 簡宿向け、使いやすく

  • 2018年2月11日

「スケジュール機能」の画面

 USEN―NEXTグループのアルメックス(東京都港区)とand factory(東京都目黒区)はこのほど、簡易宿所向けの宿泊管理システム「innto(イントゥ)」を開発し、3月から提供を始める、と発表した。

 提供先はホステル、カプセルホテル、ゲストハウス、独立系ビジネスホテルを想定。導入費用は、30室(30ベッド)以内の施設は一律、月5980円。31室以上は従量課金となり、1室(1ベッド)あたり月199円。初期導入費用の発生はない。通常サポートに加え、オプションで24時間、365日対応も受け付ける。

 製品特徴は、直感的で使いやすい画面設定。また、特別な教育やトレーニングをしなくてもすぐに使える。併せて、クラウド型のため、インターネット環境さえあればどこからでもアクセスできる。

 主な機能は、「予約管理」「スケジュール」「インジケータ」「ゲスト管理」「帳票・レポート」など。複雑なプラン、料金設定・管理が簡単にできる特徴もある。

 今後は、利用ユーザーの声を反映し、定期的なアップデートを行う。また、自動精算機などさまざまな機器、IoTデバイスとの連携も予定している。

 アルメックスは、日本全国に20拠点の支店を構え、宿泊施設に最適なソリューションを提供する提案、販売力などを強みとしている。一方のand factoryは、これまで50以上のアプリを開発するほか、自社で「&AND HOSTEL」を企画、運営していく中で培った宿泊施設運営の業務ノウハウも保有している。

 この件についての問い合わせ先は、アルメックスE―stay projectTEL03(6820)1440。

関連する記事

Fujitaka(フジタカコーポレーション、京都市)が提案する喫煙ブース「SMOKEPOINT(スモークポイント)」。同社ではこのほど、小型タイプの「キューブ」を新たに…

続きを読む

最近の重油高により、さらに注目が集まっている松本日光舎が提案する燃料添加剤「ECOMAX(エコマックス)」。ECOMAXは、重油・灯油に対して適量を投入するだけで、ボイラ…

続きを読む

札幌テレビは、鉄道DVD・BD「北の駅舎物語」を3月28に発売する。 札幌テレビ放送では、北海道の全駅を4Kで撮影する取り組みを続けています。今回リリースする「北の駅舎物…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?