アスコット、2022年上半期に56%以上の契約室数増

  • 2022年8月21日

 アスコットは4日、2022年上半期に56%以上の契約室数増を達成したと発表した。

2022年8月4日、シンガポール – キャピタランド・インベストメント・リミテッド(CapitaLand Investment Limited(CLI))の完全子会社の宿泊事業部門であるアスコット(The Ascott Limited)は、アスコットがQatar Investment Authorityとともに設立したプライベートエクイティファンド、Ascott Serviced Residence Global Fund(ASRGF)経由で東京の自由保有資産を取得したと発表しました。今回の取得は、アスコットが2022年上半期に前年同期比32%増となる7,500室以上を成約したことを受けたもので、この物件は、東京初のlyf(ライフ)ブランドのコリビング施設として改修される予定です。
 アスコットは2022年上半期に20施設、4,500室以上をオープンし、室数は前年同期比56%増となりました。さらに、アスコットは2022年7月にオークウッド・ワールドワイド(オークウッド)の買収を完了したばかりで、そのポートフォリオは約1万5千室拡大し、900以上の施設、15万3千室を超えました。新規契約・開業施設とオークウッドの追加により、アスコットの経常収入はさらに向上します。

  • 東京初となるアスコットのlyfコリビング施設「lyf Ginza Tokyo」(写真 提供:アスコット)は、銀座の繁華街と日本橋、八重洲の商業地に囲まれた立地にあります。全140室で、地下鉄京橋駅や東京メトロ銀座線の主要駅へも徒歩圏内と、ビジネスやレジャーに最適な立地です

「lyf Ginza Tokyo」と命名される140室のコリビング施設は、ASRGFにとって2022年に取得する4番目の物件であり、ASRGFは5ヶ月以内に4カ国で4億シンガポールドル近くを投じています。2023年6月にオープン予定のlyf Ginza Tokyoは、近隣のコングロマリットやスタートアップ企業の宿泊需要に応えるとともに、首都圏を訪れるレジャー客にも対応します。ASRGFは、lyf Ginza Tokyoの取得により、世界9カ国¹に12施設、2,300室以上を保有することになります。

¹ オーストラリア(メルボルン、シドニー)、中国(寧波)、フランス(パリ)、インドネシア(ジャカルタ)、日本(東京)、オランダ(アムステルダム)、シンガポール、イギリス(ロンドン)、ベトナム(ハノイ)

CLI の宿泊部門最高責任者である ケビン・ゴーは、次のように述べています。「アスコットは、オークウッドの買収を完了し、当社ブランド全体で新たに契約・開業した施設が加わったことで、2022年上半期に力強いオーガニックグロースを達成しました。これにより、私たちは経常収入の流れを構築することができます。オークウッドとアスコットの統合を開始したことで、さらなる成長、不動産オーナーへのより高い収益の提供、お客様へのより良い体験の提供に向けて、より強固な体制を整えました。
垂直統合型の国際的宿泊事業者として、アスコットは不動産投資と管理能力をフルに活用し、事業拡大を図ることが可能です。また、新たなマネジメント契約やフランチャイズ契約による経常収入の増加に加え、ASRGFや学生寮開発ベンチャーなどの私募ファンドを通じて、運用資産を拡大する機会もあると考えています。海外旅行の再開に伴う宿泊需要の増加に合わせ、今後も成長を加速させていきます。」

アスコットのロッジングプライベートエクイティファンドマネージングダイレクター兼ビジネスデベロップメント責任者のMak Hoe Kitは、次のように語っています。「サービスレジデンスやコリビングなどの長期滞在型宿泊施設は、投資クラスとしてますます魅力的になってきています。投資家は、経済的な課題に耐える回復力と、需要の高まりの中で利益を享受する柔軟性を認識しています。アスコットと提携することで、投資家は当社の受賞歴のある宿泊事業を活用し、投資価値を高めることができます。lyf Ginza Tokyoの追加により、ASRGFの本格展開に近づいています。私たちは、より多くの宿泊ファンドを設立し、志を同じくする資本パートナーを集め、アスコットの確立された投資と運営の専門知識を活用して成長することを目指します。当社の強力な現地チームが持つ案件組成の専門知識を通じて、過小評価あるいは低パフォーミングの資産を探し出し、そのパフォーマンスをさらに向上させていきます。」

lyf Ginza Tokyoの取得により、ASRGFのポートフォリオは12施設に拡大
ASRGFは今年、lyf Ginza Tokyoに加え、2022年6月にlyf Bondi Junction Sydney、2022年3月にSomerset Hangzhou Bay NingboとCitadines Canal Amsterdamを取得しました。ASRGFは以前、最初の物件を想定引受額を上回るリターンで売却しています。
同ファンドは、Ascott Sudirman Jakarta、La Clef Champs-Élysées Paris、Citadines Islington London、lyf Funan Singapore、Quest NewQuay Docklands Melbourneの5施設を運用中であり、現在7施設が開発段階にあります。2023年にオープン予定のlyf Ginza Tokyoのほか、Somerset Metropolitan West Hanoi、Citadines Canal Amsterdam、Citadines Walker North Sydney、lyf Bondi Junction Sydney、アスコットのヨーロッパにおける初のlyfブランドのコリビング施設lyf Gambetta Parisは2024年にオープン予定です。Somerset Hangzhou Bay Ningboは、2025年にオープンする予定です。

2022年上半期、アスコットのグローバルプレゼンスと経常収入が向上
2022年上半期にアスコットが契約した新規住戸は、lyf Ginza Tokyoを除き、88%がマネジメント契約またはフランチャイズ契約、12%がアスコットの私募ファンドまたはホスピタリティ信託Ascott Residence Trustを通じた投資となっています。
Ascott Star KLCC Kuala Lumpur(写真)は、アスコットが2022年上半期に開業した20施設のうちの1つです。これは、前年同期比56%増の4,500室以上となり、新たに契約・開業した物件に加え、オークウッドの追加により、アスコットの経常収入はさらに増加することになります。
2022年上半期に追加された新規住戸の中には、中国におけるアスコットのAdoorブランドの賃貸住宅4施設が含まれています。その中には、アスコットにとって中国最大の施設、1,412室のAdoor Apartment Shanghai(新規開発)が含まれており、これは、中国で家具付き住宅の長期賃貸を希望する、若く移動型の生活する人々からの需要の高まりに対応するためのものです。また、アスコットブランドの施設3件、サマセットブランドの施設5件を中国で契約しました。さらにアスコットは、シンガポール、中国、マレーシア、韓国、ベトナム、オランダ、エチオピア、トルコでシタディーンおよびシタディーン コネクトブランドの施設10件、オーストラリアでQuestブランドの施設4件を契約しています。これらの施設は、2022年から2026年の間に開業予定です。

  • Ascott Star KLCC Kuala Lumpur(写真 提供:アスコット)は、アスコットが2022年上半期に開業した20施設のうちの1つです。これは、前年同期比56%増の4,500室以上となり、新たに契約・開業した物件に加え、オークウッドの追加により、アスコットの経常収入はさらに増加することになります。

lyf Ginza Tokyoについて
lyf Ginza Tokyo(ライフ銀座東京)は、次世代のレジャーやビジネスゲストのニーズに応えるようデザインされています。短期滞在から長期滞在まで対応できる140室の施設には、さまざまなタイプの客室が用意されています。スタジオタイプの「One of a Kind」と、より広い「One of a Kind Plus」の2種類からお選びいただけます。また、コワーキングラウンジ「Connect」、ソーシャルキッチン「Bond」、コインランドリー「Wash & Hang」、ロビーカフェ「Say Hi」、ジム「Burn」などの施設も充実しています。
lyf Ginza Tokyoは、銀座、日本橋、八重洲という東京の3つの有名な街に囲まれています。世界的に有名なショッピングエリアである銀座へは徒歩約5分。また、日本橋、八重洲はビジネス・商業の地であり、lyf Ginza Tokyoは、この地域の企業の宿泊ニーズに応えることができます。近隣には東京ミッドタウン八重洲や新TODAビルなど開発中の大型プロジェクトもあり、完了時にはlyf Ginza Tokyoの需要も高まると予想されています。
地下鉄「京橋駅」まで徒歩1分、東京メトロ「銀座駅」まで徒歩10分と、交通の便にも優れており、新宿や渋谷などへも地下鉄で15分ほどで行くことができます。また、成田国際空港や羽田空港へも直通でアクセスできます。lyf Ginza Tokyoは、改装を行い、グリーン認証を取得する予定であり、一般財団法人住宅・建築SDGs推進センター(旧 一般財団法人建築環境・省エネルギー機構)の建築環境総合性能評価システム(CASBEE)において、「4つ星」を取得する予定です。

アスコット スター リワーズの拡大により、顧客エンゲージメントをさらに強化
アスコットのロイヤリティプログラム「アスコット スター リワーズ(ASR)」は、2019年の開始以来、高い需要が続いており、会員数は前年同期比40%増、会員の予約は2022年上半期に2021年上半期比3倍以上に増加しました。オークウッドの買収完了に伴い、会員数はさらに増加する見込みです。ASR会員は現在、アスコットのオンライン直接予約の約90%に貢献しており、ASR会員の50%以上がリピーターです。
2022年3月、アスコットはASRをアップグレードし、ダイレクトチャネルでの会員の予約に対してより多くの特典を提供するとともに、プログラムを拡張し、より多くの限定特典を追加しました。ASR会員は、優先チェックイン、誕生日割引eバウチャーを利用できるほか、アスコットの受賞歴のあるブランドでカスタマイズされたブランド固有の到着体験やウェルカムアメニティ、シグネチャーギフトをお楽しみいただけます。オークウッドの施設がASRのネットワークに加わることで、より質の高い宿泊オプションを利用し、ポイントを獲得することができるようになります

  • アスコット社(The Ascott Limited)

アスコット社はシンガポールに本社を置き、世界展開する宿泊施設のオーナー兼オペレーターとして業界をリードする企業のひとつです。アスコット社の施設は、アジア・パシフィック、セントラル・アジア、ヨーロッパ、中東、アフリカそしてアメリカの40ヵ国200都市以上に広がり、89,000室以上を運営、64,000室超が計画・開発段階にあり、計900施設約153,000室に及びます。
サービスアパートメント、コリビング及びホテルのブランドとして、「アスコット ザ レジデンス」「ザ クレスト コレクション」「サマセット」「オークウッド」「クエスト」「シタディーン」「ライフ」「ザ アンリミテッド コレクション」「プリファレンス」「ヴァーチュ」「ハリス」「フォックス」「イエロー」「ポップ!」を展開しています。
アスコット社のロイヤルティプログラム「アスコット スター リワーズ」は、同プログラム参加施設での滞在を直接予約したメンバーに、特別な特典を提供しています。
アスコット社はキャピタランド・インベストメント・リミテッドの完全子会社であり、1984年に「ザ アスコット シンガポール」をオープンしたことで、アジア・パシフィックにおける国際レベルのサービスアパートメントの先駆けとなりました。現在に至るまで30年以上の業界実績と受賞歴を誇り、世界中で認知されています。
日本では2002年に株式会社アスコットジャパンとして展開を開始しました。現在は「アスコット」を東京に1軒、「サマセット」を東京に2軒、「シタディーン」を東京に2軒と京都に1軒、大阪に1軒、日本初上陸のコリビングホテルブランド「lyf(ライフ)」を福岡に展開しています。2023年夏には「シタディーン」を神奈川に開業予定です。
公式サイト:https://www.discoverasr.com/ja
インスタグラム:@DiscoverASRJapan https://www.instagram.com/discoverasrjapan/

  • ​キャピタランド・インベストメント・リミテッド(CapitaLand Investment Limited)

シンガポールに本社を置き、上場しているキャピタランド・インベストメント・リミテッド(CLI) は、アジアに広範囲な拠点を置く世界的な不動産投資運用会社 (REIM) です。2022年3月31日時点で、CLIは、アジア・パシフィック、ヨーロッパ、アメリカのおける29 の私募ファンド、6つの上場不動産投資信託およびビジネストラストを通じて、約1,240億シンガポールドルの不動産資産を運用し、FUM(ファンド運用資産総額)ベースでは約860億シンガポールドルの不動産ファンドを運用しています。多様な不動産アセットクラスは総合開発、リテール、オフィス、宿泊施設、ビジネスパーク、工業、物流、データーセンターをカバーしています。
CLIは投資管理と運用能力を最大限活用することで FUM と運用報酬の拡大を目指しています。キャピタランド・グループにおける上場投資運用事業部門として、CLIはキャピタランドの開発事業部門における開発機能及び投資機会のパイプラインを活用することが可能であり、キャピタランド・エコシステムの一員であることは他の不動産投資運用会社との差別化要因です。キャピタランド・グループの一員であるCLIは、サステナビリティをビジネス活動の核に据えています。責任ある不動産企業として、CLIは長期的な経済的価値をステークホルダーに提供するとともに、事業を展開するコミュニティの環境的・社会的福祉に貢献します。詳しくはこちらのサイトをご覧ください:http://www.capitalandinvest.com

 

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram