アクアスの薬注ポンプ

  • 2022年10月18日

EWN-WCL

残留塩素濃度を計測できる

 レジオネラ属菌対策に詳しい水処理メーカーのアクアスはこのほど、遊離残留塩素濃度を計測できる薬注ポンプ「EWN―WCL」の提案を旅館・ホテルに開始した。コントローラを内蔵し、自動的に各種の水質管理を行うポンプで、「特に温浴施設では、残留塩素の濃度管理に適している」とアクアス。

 浴槽水の残留塩素濃度は、入浴客の増減、湯の入れ替え、水質の変化などの影響で大幅に変動する。そのため、入浴客の多い肝心な時に残留塩素濃度が不足したり、また、残留塩素を常時維持させるために注入量を増やし過ぎて湯の快適性を損なったり、といった問題が指摘されている。

 EWN―WCLは、ポンプ本体の後部にモニターを搭載。上水の遊離残留塩素を常に測定し、その濃度を表示する。濃度が低下した場合は自動で薬液を注入するため、「残留塩素濃度の不足」といった問題を回避する。

 本体はコンパクト設計を実現しているため、機械室内に簡単に設置可能。すでにゴルフ場、ホテルのプールなどの導入事例もあるという。

 アクアスでは併せて、自動塩素管理装置「アクアスレジスパRIC―SB」も提案している。この装置は、残留塩素濃度を常に監視し、注入ポンプを制御して適切な残留塩素濃度を維持するもの。「残留塩素濃度を常時、適切な範囲内に維持することが可能」とアピールしている。

 施設にすでにある塩素剤注入ポンプをはじめ、EWN―WCLとの連携も可能としている。

EWN-WCL

水を活かす技術のアクアス


関連キーワード
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram