アイヌ文化巡る周遊バスの運行開始 札幌観光バス「セタプクサ号」

  • 2021年7月9日

DSC_5331.JPG

 札幌観光バス(札幌市)は7月3日から、アイヌ文化拠点を巡る日帰り周遊バス「セタプクサ号」=写真=の運行を開始する。セタプクサはアイヌ語で「すずらん」を意味する。車体はアペフチカムイ(火の神)をイメージした鮮やかな赤色の下地に白と青でアイヌ文様を力強く描いたもので、平取町在住の伝統工芸作家貝澤守さんと高野啓子さんの2人がデザインを手掛けた。

 運行は3日から10月17日までの土、日、祝日(9月23日を除く)の各日1便。JR札幌駅発着で、新千歳空港を経由してアイヌ文化の交流拠点である白老町の民族共生象徴空間「ウポポイ」と平取町の「二風谷コタン」を周遊する。ウポポイでは約2時間、二風谷コタンでは約50分の見学時間を取り、帰路に温泉施設にも立ち寄る。

 ガイドも同乗し、各地の見どころや見学ポイントなどを説明。アイヌ文化に対する学びを深めてもらう。乗車定員は15人で、料金は乗車コースによって2千円から3千円。

 ウポポイと二風谷コタンは100キロ離れており、双方を直接結ぶ交通機関がなかったが、昨年度から札幌観光バスが平取町のアイヌ政策推進交付金事業を受けて周遊バスを実現した。同社は「ぜひ、多くの皆さんに利用いただき、アイヌ文化に対する理解を深める機会にしてほしい」と話している。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram