わしょクック、ZOOMを活用した「海外和食認定講師育成コース」を開講

  • 2020年5月24日

 わしょクックは4月30日、ZOOMを活用した「海外和食認定講師育成コース」を開講した。

ヘルシーでおいしいと海外でも評判の和食。
その和食の作り方を地元の人々に教えることは、その土地に溶け込む大きなきっかけとなり、文化交流としても意義があります。

ホストファミリーや職場の同僚、子供の学校関係者など披露できる場はたくさんあり、異文化コミュニケーションに役立ちます。

また教室を運営して収入を得ることも可能で、ご自身のキャリア・ビジネスの構築にもつながります。

今般、外国人向け料理教室を運営している わしょクック株式会社(代表取締役社長:富永紀子、本社:相模大野)はZOOMを活用した「海外和食認定講師育成コース」を開講いたしました。(2020年4月30日~)

わしょクックでは 2016年より日本の和食・家庭料理を教える事のできる「認定講師の育成事業」に
取り組んでおり日本・海外に150名以上の講師を輩出しフランチャイジーとして活動しています。本コースは 海外にいながらオンラインで外国人向け料理教室のパイオニア「わしょクック株式会社」のノウハウをはじめ、外国人に料理を教えるスキル、教室の準備、料理の英語、集客方法、講師になるための幅広い知識を得ることができます。

<海外で活躍している講師例:ロンドン>

和食講師としてビジネスを立ち上げることも可能

海外和食認定講師育成プログラムには、主にベーシック、ビジネスの2コースがあり、両方を受講すると講師として認定されます。ベーシックコースは

1. 料理を通してコミュニケーションを広げたいと思っている方
2. 外国の方に和食の良さをきちんと知って欲しいと思っている方
3. 外国の方を和食でおもてなししたいと思っている方
4. 自分の責任で自立した仕事がしたい方

を対象とした基礎的なレッスンです。
全2回、計6時間で、外国人に料理を教える基本やおもてなしの方法を学びます。
料理教室を開く準備やレッスン方法、指導に使う英語といった実践的な内容で、巻きずしなど計6レシピの料理レッスンもあります。

ビジネスコースは

1. 集客できる教室のコンセプトとその作り方を学びたい方
2. 具体的な英語でのレッスン方法を学びたい方(英語での調理実習)
3. SNSの効果的な使い方を知りたい方
に向けた実践的なコースです。

全2回、計6時間で、自宅教室の開業方法や集客のノウハウなど仕事に直結する知識が身につきます。
人気メニューの調理実習、SNSなどを活用したマーケティングなど、わかりやすく、即実行できることが魅力。
ビジネスコース修了者にはサポートプランもあり、卒業後に料理教室の開講・運営・
ビジネス拡大に進めるようフォローアップが受けられます。

また、このプログラムは海外に赴任する方向けにも開催しています。
日本にいる間にノウハウを学び海外生活がスムーズに始められるサポートも致します。“海外和食認定講師育成コース”にご興味のある企業様、メディア各社樣は
わしょクック株式会社までお問合せ下さい海外赴任者、帯同する奥様向けの企業セミナーも開催しています。

わしょクック株式会社は「日本の食文化」を多くの外国人に伝え、国際間の人々の交流と相互理解を促進し、世界文化の向上に寄与します。

具体的には、外国人のおもてなし方、日本の和食・家庭料理の普及、日本の食材・食文化・日本文化の普及、日本における生活・観光へのお手伝いをしています。

また日本の和食・家庭料理を教える事のできる認定講師の育成事業にも取り組んでおります。
一般社団法人 外国人向け料理教室協会
https://cookingforeigners.org/

 
 
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら