びゅうトラベルサービス、「JR東日本びゅうツーリズム&セールス」に社名変更 来年4月

  • 2021年11月18日

森崎鉄郎社長

地域とのつながりを生かした新しい観光流動創造会社に

 びゅうトラベルサービス(VTS)は11月18日、来年4月から社名を「JR東日本びゅうツーリズム&セールス」にすることを発表した。新社名は、JR東日本グループの旅行会社として約30年間にわたり培ってきた「びゅう」のブランド力を継承。旅行商品の販売だけでなく、東日本エリアの魅力的な観光情報発信を行い地域とも連携するなど、観光流動創造会社として生まれ変わる。

 新社名は、従来の旅行会社の範疇にとどまらず、東日本エリアを中心に旅の目的を地域と共に創り出し、国内外のお客さまに提案していく企業、観光の流動を創り出す企業でありたいという思いのもと命名した。英文名は、「JR EASTVIEW TOURISM AND SALES COMPANY LIMITED」。

個人型旅行商品はウェブ販売中心に

 今後、個人型旅行商品はウェブ販売に特化。旅館・ホテルだけでなく新幹線など鉄道にもダイナミックプライシングを適用する。また、JR東日本の駅にある観光情報発信や各種旅行相談を行う顧客接点型拠点「駅たびコンシェルジュ」の運営を担い、東日本エリアの魅力的な観光情報発信を行うことで地域と連携した観光流動を創造する。駅たびコンシェルジュは来年4月に全店舗開業に向けて準備が行われている。

 来年3月には、2015年から展開してきた新幹線・特急列車と、旅館・ホテル等の宿泊施設を組み合わせた旅行商品「JR東日本ダイナミックレールパック」を「JR東日本びゅうダイナミックレールパック」としてリニューアルを実施予定。近年IT化が加速する旅行マーケットに対応した旅行商品を用意する。来年4月1日出発分から購入が可能になる。これまで販売されていた「びゅう旅行商品(びゅうパッケージツアー)」は、来年3月31日帰着分で販売を終了する。

 「当社は来年、設立から30年の節目を迎えるが、理念である『お客さまの人生を豊かにすること』『地域の活性化に貢献していくこと』はこれからも揺らがない。より便利になるウェブ販売商品『JR東日本びゅうダイナミックレールパック』、お客さまの旅のコンサルティングを行う『駅たびコンシェルジュ』をはじめとした各種商品やサービスを取りそろえ、これからも、お客さまや地域の皆さまの期待に応えられるよう歩んでいく」と同社。

駅たびコンシェルジュ

 
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第34回「にっぽんの温泉100選」発表!(2020年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2020年度「5つ星の宿」発表!(2020年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第34回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2021年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・レジャー&体験」「郷土料理・」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram

2020年度「部門別・旅館ホテル100選」(2021年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら