はとバス、東京観光利用者9割減 外国語コースはゼロに

  • 2021年7月26日

 はとバスは13日、2020年度(20年7月1日~21年6月30日)の東京観光利用者(日本語コース)は速報値で4万8825人となり、前年度比88.7%減だったと発表した。外国語コースはゼロだった。新型コロナウイルス禍の影響を受けた。21年度については、首都圏の旅行を中心とした個人旅行の早期回復を目指すとしている。

 コロナの影響を受けていない18年度比では93.7%減となっている。

 月別にみると、10、11月はGo Toトラベル事業に加え、都内観光促進事業「もっと楽しもう!TokyoTokyo」が運用開始され、ホームページで発表した対象コースへの予約、問い合わせが急増、それぞれ8617人、1万8559人の利用があった。ただ、18年度比では10月で89%減、11月は79%減となっている。

 1~3月、4~6月にかけて発出された緊急事態宣言下では全便運休を余儀なくされ、20年度の運休日数は延べ139日に及んだ。

 インバウンド向けの外国語コースは、出入国制限が実施されていることから、20年4月以降、コースの発表、運行を休止している。

 今後、ワクチン接種が進むことで国内の旅行マインドの上昇を見込んでいるが、「観光バス事業においては貸し切りバスによる団体旅行やインバウンド向け外国語コースの完全な需要回復には相当な時間を要する」とみている。

 こうした中、7月31日には初となるオンラインツアーを計画。プロのバスガイドが案内する東京観光をオンラインならではの視点から、中継(一部収録映像あり)をつないで紹介する。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第34回「にっぽんの温泉100選」発表!(2020年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2020年度「5つ星の宿」発表!(2020年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第34回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2021年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・レジャー&体験」「郷土料理・」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram

2020年度「部門別・旅館ホテル100選」(2021年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら