すみだ北斎美術館、企画展「大江戸歳事記」開催

  • 2020年7月4日

 すみだ北斎美術館では、企画展「大江戸歳事記」を開催している。

大江戸歳事記ー 北斎と楽しむ四季のイベント ー

葛飾北斎「菊慈童」すみだ北斎美術館

 

すみだ北斎美術館では、6月1日(月)まで臨時休館を行いましたが、6月2日(火)より「AURORA(常設展示室)」、「常設展プラス」の観覧を再開いたしました。企画展「大江戸歳事記」は会期を変更し、6月30日(火)~8月30日(日)の期間にて開催いたします。

 

ご来館にあたりまして、新型コロナウイルス感染防止のため、館内の運用を一部変更しております。また新型コロナウィルスの感染状況などにより、再度休館する可能性がございますこと予めご承知おきください。尚、以下について、ご理解ならびにご協力のほどよろしくお願いいたします。

 

 

企画展「大江戸歳事記」会期変更について

企画展「大江戸歳事記」は、当初の会期4月21日~6月14日を変更し、6月30日(火)~8月30日(日)にて開催いたします。

 

企画展概要

現代の私たちは、毎年決まった時期に行われる様々なイベントを通して、1年の生活のリズムを感じとっていますが、北斎が生きた江戸時代の人々も同様に年を重ねていました。本展では、そのような年中行事に焦点を当て、北斎や門人たちが描いた当時の風俗を紹介します。150年以上前の江戸の1年を身近に感じ、先人の生活に思いをはせていただければ幸いです。どうぞ、江戸の歳事記をお楽しみください。

 

本展の見どころ

それぞれの行事は、1年の平穏無事や子どもの成長など、種々の祈りを込めて行われました。いろいろな行事に加え、季節ごとに登場する行商などの風俗を描いた作品も展示し、江戸の四季をご紹介します。

 

 

● 端午

朱描鍾馗図  

 葛飾北斎「朱描鍾馗図」(後期) すみだ北斎美術館

 

鍾馗図は中国で疫病神を祓って魔を除くと信じられ、日本でも古くからよく描かれた画題です。本朱描きの鍾馗図は、流行病の疱瘡除の祈りを込めて制作されたもので、朱だけでなく、目や口、髪などに墨が用いられており、細かな工夫がされています。

 

● 重陽

菊慈童

 葛飾北斎「菊慈童」(前期) すみだ北斎美術館

 

9月9日は重陽の節句で、五節句のひとつです。菊の花びらを浮かべた菊酒を飲んで祝いました。9月9日の夜、菊の花に綿を載せておき、翌朝露に濡れた綿で顔をぬぐうと年をとらないという言い伝えがあり、菊の綿、着せ綿と呼ばれていました。

 

このほか北斎や門人たちによる前後期あわせて約120点の作品を展示。

江戸時代にも多くの人でにぎわった寺社の祭礼や、作品に描きこまれた行事の風習を紹介します。

 

 

企画展「大江戸歳事記」 会期変更後の開催概要

会期 2020年6月30日(火)~8月30日(日)※前後期で一部展示替えを実施

前期6月30日(火)~8月2日(日)、後期8月4日(火)~8月30日(日)

休館日 毎週月曜日 ※開館:8月10日(月・祝) 休館:8月11日(火)
開館時間 9:30~17:30(入館は17:00まで)
主催 墨田区・すみだ北斎美術館
お問い合わせ 03-6658-8936 (9:30~17:30 ※休館日を除く)
企画展公式サイト https://hokusai-museum.jp/saijiki/
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第36回「にっぽんの温泉100選」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位道後

2022年度「5つ星の宿」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第36回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2023年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2023年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram