すみだ北斎美術館、「新収蔵品展 ― 学芸員が選んだおすすめ50 ―」開催

  • 2020年8月28日

 すみだ北斎美術館では、「新収蔵品展 ― 学芸員が選んだおすすめ50 ―」を9月15日から開催する。

すみだ北斎美術館では、2020年9月15日(火)から11月8日(日)まで、

「新収蔵品展 ― 学芸員が選んだおすすめ50 ―」を開催致します。

 

葛飾北斎「百人一首うはかゑとき 安倍仲麿」 (前期) すみだ北斎美術館

 

墨田区では1989年以来、北斎及び門人に関わる資料を幅広く収集してきました。その内容は北斎を代表する作品である「冨嶽三十六景」シリーズの版画から当館でしか所蔵していない希少な肉筆画まで多岐にわたります。本展では、2016年の当館開館以降に新たに収集した肉筆画、版画、版本の中から当館学芸員が選んだ50点の作品を展示し、開館以来の収集の成果の一端をご紹介します。展示作品の多くが初公開となります。北斎の魅力や影響力を改めて実感していただく機会となれば幸いです。北斎及び門人たちによる名作の数々をお楽しみいただけます。葛飾北斎「冨嶽三十六景 凱風快晴」(吉野石膏コレクション、すみだ北斎美術館寄託)葛飾北斎「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」(吉野石膏コレクション、すみだ北斎美術館寄託)葛飾北斎「冨嶽三十六景 山下白雨」(吉野石膏コレクション、すみだ北斎美術館寄託)

※本企画展は3階企画展示室のみとなります。

※その他主な展示作品、及び展覧会詳細は、添付プレスリリースよりご確認ください。

 

 

【開催概要】

展覧会名    : 新収蔵品展 ― 学芸員が選んだおすすめ50 ―

会期      : 2020年9月15日(火)~11月8日(日)

※前後期で一部展示替えを実施

前期 9月15日(火)から10月11日(日)

後期 10月13日(火)から11月8日(日)

休館日     : 毎週月曜日

※開館:9月21日(月・祝)、休館:9月23日(水)

開館時間    : 9:30~17:30(入館は17:00まで)

主催      : 墨田区・すみだ北斎美術館

お問い合わせ  : 03-6658-8936 (9:30~17:30 ※休館日を除く)

企画展公式サイト: https://hokusai-museum.jp/shinshuzo/

観覧料(個人)  : 一般 1,000円、高校生・大学生 700円、中学生 300円、

65歳以上 700円、障がい者 300円、 小学生以下 無料

 

※団体でのご来館は、当面の間、受付を行いません。

※本展のチケットは、会期中観覧日当日に限り、AURORA(常設展示室)をはじめ全ての展示をご覧になれます。

 

 

【開催中 常設展プラス「隅田川両岸景色図巻(複製画)と北斎漫画」】

北斎の肉筆画の中で最長とされている「隅田川両岸景色図巻」。全長約7mに及ぶ本作の複製画を展示、その全貌を実物大でご覧いただけます。『北斎漫画』立ち読みコーナーでは、北斎の代表作のひとつ『北斎漫画』全15冊の実物大高精細レプリカを、手に取って熟覧いただけます。(ご入退室時には、展示室入口に設置している消毒液で手指の消毒をお願いしています)

 

会期   :11月8日(日)まで

開催中会場:4F企画展示室

※観覧料は「新収蔵品展 ― 学芸員が選んだおすすめ50 ―」ご観覧日当日に限り無料。

 

 

【YouTubeで「新収蔵品展」見どころ作品の解説を予定!!】

「新収蔵品展 ― 学芸員が選んだおすすめ50 ―」開催にともない、本展を企画した学芸員が、展示中の作品の見どころや魅力をYouTubeでご紹介します。新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、美術館へ出かけることが難しい方にもYouTubeを通して新たな作品に出合い、少しでもおうちで美術館に来たような感覚をお楽しみいただけるよう、作品のポイントや簡単な浮世絵についての用語などをわかりやすくお伝えします。(会期中4回を予定。)

 

すみだ北斎美術館公式YouTubeチャンネル

https://www.youtube.com/channel/UC2ywKxcxhYowjfoAk2LflRg

 

 

【すみだ北斎美術館 初のオフィシャルブック】

『THE北斎 冨嶽三十六景ARTBOX』(講談社)販売中!

すみだ北斎美術館は所蔵する「冨嶽三十六景」全46作品を網羅した初のオフィシャルブックを、7月16日(木)に講談社から発行しました。当初、今夏開催を予定していた企画展「THE北斎 ― 冨嶽三十六景と幻の絵巻 ―」(2021年夏に開催延期)に合わせて準備をしておりましが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため展覧会が延期となる中、書籍を通してひとりでも多くの方に当館の「冨嶽三十六景」をお手元に届けるべく発行に至りました。作品の色の美しさをお手元でご覧いただくとともに、学芸による構図や表現についての詳細な解説で作品のポイントより深く理解いただけます。どうぞおうちで北斎の不朽の名作をお楽しみいただけます。

 

「空間を構成する」「○×△で作られた世界」「驚異の自然」「形のないものを捉える」「イリュージョンを仕掛ける」「超絶表現」という6つの章に分け、さまざまな切り口で、北斎の生涯の代表作にして最高傑作「冨嶽三十六景」の魅力を紹介します。天才の技術と着想が極まった全46図を堪能できる一冊です。

 

『THE北斎 冨嶽三十六景ARTBOX』

『THE北斎 冨嶽三十六景ARTBOX』

すみだ北斎美術館(奥田敦子)編著

出版社       : 講談社

発行日       : 2020年7月16日

定価        : 2,200円(税別)

単行本(ソフトカバー): 196ページ

サイズ       : 15×15×1.8cm

 

当館所蔵の「冨嶽三十六景」全46図がオールカラーで全作品に解説付き!

細かな描写にもご注目ください!

 

 

【ご来館のお客様へ 】

新型コロナウイルス感染症の拡大防止および予防にあたってご協力のお願い

1. ご来館時に検温を実施いたします。咳・のどの痛み・発熱・倦怠感などの症状があるお客様はご入館をお控えください。

2. 館内入口にアルコール消毒液を設置しております。ご入館時には消毒液にて手指の消毒をお願いします。

3. 展示室内の展示ケースにはお手を触れないでください。

4. 展示室内での会話はお控えください。

5. 4FのAURORA(常設展示室)にはタッチパネル、常設展プラスには手にとってご覧いただける版本の展示があります。ご観覧前/後には消毒液にて手指の消毒をお願いします。

6. マスクの着用にご協力ください。

7. 咳やくしゃみをされる際には「咳エチケット」(マスク、ハンカチ、ティッシュなどで口をしっかり覆う)にご協力ください。

8. エレベーターの定員を2名に制限しております。ご家族や介助者の方は、同時にご利用いただけます。

 

 

【当館の対応】

1. お客様がご利用になるスペースは、消毒作業を実施済です。展示ケース等の一部には水分やアルコールが使えないため乾拭きのみ実施しております。

2. お客様がご利用になる手摺り、エレベーター操作ボタン、洗面所の取手/カラン等は1日数回の消毒作業を実施しています。

3. お客様と接する当館スタッフはマスクを着用しております。

4. 受付・ミュージアムショップにウイルス飛沫予防のパネルを設置しております。

5. 良好な館内環境を保つため、ご入館の制限やお声掛けを行う場合があります。

6. MARUGEN100(講座室)及び図書室は、当面のあいだ休室いたします。

7. 新規の団体ご予約、MARUGEN100(講座室)ご利用受付は当面のあいだ中止いたします。

 

ご理解、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

 

 

【次回企画展(巡回展)のお知らせ】

巡回展名  :GIGA・MANGA 江戸戯画から近代漫画へ

会期    :2020年11月25日(水)~2021年1月24日(日)

※一部展示替えを実施予定

休館日   :毎週月曜日、年末年始(12月29日~1月1日)

開館時間  :9:30~17:30(入館は17:00まで)

主催    :墨田区・すみだ北斎美術館、毎日新聞社

監修    :清水勲(漫画・諷刺画研究家、

元京都国際マンガミュージアム研究顧問、元帝京平成大学教授)

協力    :京都精華大学国際マンガ研究センター/京都国際マンガミュージアム

お問い合わせ:03-6658-8936 (9:30~17:30 ※休館日を除く)

 

いまや世界共通言語となった日本の漫画=MANGA。その起源には、様々な説があります。本展監修者で漫画・諷刺画研究家の清水勲氏は、江戸時代の諷刺表現である戯画を、現代日本で認識されている漫画的な表現の出発点としています。幕府の改革、幕末の動乱、近代化、社会の矛盾や事件、庶民の日常など、浮世絵の「戯画」は様々な事柄を時にユニークに、時に辛らつに伝えました。そして明治になり、新聞や雑誌など近代的ジャーナリズム媒体の誕生と共に「戯画」は挿絵へ、そして漫画へと姿を変え、漫画雑誌が刊行されるに至り、大衆が楽しめる新しい絵画表現として確立しました。本展では、江戸時代の浮世絵版画から明治・大正時代の諷刺漫画雑誌、昭和戦中期の子ども漫画までの、日本の漫画の変遷を展覧します。

 

 

【美術館概要】

美術館名  : すみだ北斎美術館(英:The Sumida Hokusai Museum)

開館時間  : 9:30~17:30(入館は17:00まで)

休館日   : 毎週月曜日(月曜が祝日または振替休日の場合はその翌平日)、

年末年始(12月29日~1月1日)

所在地   : 〒130-0014 東京都墨田区亀沢2-7-2

お問い合わせ: 03-6658-8936 (9:30~17:30 ※休館日を除く)

公式サイト : https://hokusai-museum.jp/

Twitter   : https://twitter.com/HokusaiMuseum/

Facebook  : https://www.facebook.com/THE.SUMIDA.HOKUSAI.MUSEUM/

アクセス  : 都営地下鉄大江戸線「両国駅」A3出口より徒歩5分

JR総武線「両国駅」東口より徒歩9分

JR総武線「錦糸町駅」北口より墨田区内循環バスで5分

 

※ご来館にあたっては、美術館公式ホームページで最新の開館予定をご確認ください。

 
 
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら