じゃらん、20~22歳は福島県内22のゲレンデ平日リフト券が無料になる「雪マジ!ふくしま」会員登録開始

  • 2019年11月7日

 じゃらんは10月30日、20~22歳は福島県内22のゲレンデ平日リフト券が無料になる「雪マジ!ふくしま」の会員登録を開始した。

株式会社リクルートライフスタイル(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:淺野 健) に設置された観光に関する調査・研究、地域振興機関「じゃらんリサーチセンター」(以下JRC)は、福島県、東北索道協会福島地区部会と連携し、福島県内にある全てのゲレンデにおいて20~22歳の方を対象に、期間中に何回でも平日リフト1日券が無料になる『雪マジ!ふくしま』を2019年12月2日(月)より実施します。なお、本日10月30日(水)より、会員登録を開始します。

『雪マジ!ふくしま』:https://majibu.jp/yukimajifukushima/pc/index.html

背景と概要
JRCは、ゲレンデを訪れる若年層を増やすことで、スノーアクティビティ市場と日本のスノーエリアを長期的に活性化させることを目的に、19歳を対象に全国180以上のゲレンデでリフト券が無料になる『雪マジ!19 ~SNOW MAGIC~(以下『雪マジ!19』)』 、20歳を対象にしたゲレンデリフト券が最大半額になる『雪マジ!20~SNOW MAGIC~ (以下『雪マジ!20』)』を実施しています。
これらの企画に連動した、福島県独自の取り組みである『雪マジ!ふくしま』は、福島県内にある22カ所のゲレンデにおいて20~22歳の方を対象に、期間中何回でも平日リフト1日券が無料になります。スキーやスノーボードをきっかけに、関東圏や隣接県の20~22歳の若年層に福島県に来訪してもらい、ゲレンデをはじめとする福島県の魅力を知ってもらうことで、福島県のファンになってもらうことを目的としています。今シーズンで9期目を迎えます。
23・24歳の方を対象に、福島県内にある22カ所のゲレンデの平日リフト1日券が無料になる「雪マジ!ふくしま卒業生企画」の実施も予定しています。

福島県の観光交流課から実施に関してコメントをいただきました。
「福島のゲレンデは、気温が低いので極上のパウダースノーを楽しめます。今年で9期目ですが、県内のゲレンデでスキーやスノーボードを楽しむ若い方は、年々増加していると感じています。若い方にスキー・スノーボードをきっかけに、福島に来てもらい宿泊や食事で福島の魅力を知っていただけると嬉しいです」

『雪マジ!19』: https://majibu.jp/yukimaji19/pc/
『雪マジ!20』: https://majibu.jp/yukimaji20/pc/

『雪マジ!ふくしま』概要
■URL:https://majibu.jp/yukimajifukushima/pc/index.html
■対象者:1997年4月2日~2000年4月1日生まれの男女
■会員登録期間:2019年10月30日(水)~2020年3月31日(火)
■実施期間:2019年12月2日(月)~2020年3月31日(火)の平日
※2019年12月28日(土)~2020年1月5日(日)は除く
■対象ゲレンデ:福島県内22カ所 ※ゲレンデはPDFをご参照ください。
■公式サイト:https://majibu.jp/yukimajifukushima/pc/index.html
■公式Facebook:https://www.facebook.com/yukimajifukushima
■昨シーズン実績:・会員登録数 5万5,246人 ・延べ利用者数 5万670人

※「雪マジ!ふくしま卒業生企画」も同時期に実施予定です
※ 昨シーズン利用者も「マジ☆部」アプリにて会員登録が必須となります
※ 既に購入していたリフト券やシーズン券、リフト料金が含まれている団体ツアー・スキーツアー、各種商品(例:宿泊プラン等)に対する割引・返金は行われません。

『雪マジ!ふくしま』2019~2020年シーズン参画ゲレンデ一覧

「マジ☆部」について
JRCは、国内旅行需要を創出するための若者行動支援プロジェクト「マジ☆部」を2014年に立ち上げました。「マジ☆部」は、さまざまな体験が無料でできる若年行動支援プロジェクトです。20歳前後の若者に、さまざまなレジャー観光、豊かな地域を体験してもらうことで、地域・観光産業の将来需要を創ることを目的としています。地域・旅行先で、新しいレジャーでの感動をはじめて体験するきっかけ提供のために、『雪マジ!19』『Jマジ!』『ゴルマジ!』などを、「マジ☆部」アプリを通じ、会員に展開しています。スマートフォンアプリでのサービス提供で、2019年3月時点で会員数は140万人以上となっています。
詳細はこちら:https://majibu.jp/

関連する記事

阪急交通社はこのほど、添乗員が同行する「国内長期滞在の旅」について、釧路に滞在する「冬の北海道ちょっと暮らし5日間」を発売した。 同社によると、冬の釧路は雪が少なく、…

続きを読む

イベリア航空は、成田・マドリード線の座席数を49%増やす。 • 2020年3月より、東京(成田)=マドリード線にイベリア航空のフリートで最も近代的な機材であるエアバスA3…

続きを読む

はとバスはこのほど、来年1~4月の宿泊バスツアーを発表した。冬の祭りや花火を楽しむツアーなどを設定し、1~3月で9千人(前年比13.7%増)の取り扱いを目指す。 コース…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube