じゃらん、プロのドライバーが選ぶ 東名・新東名高速道路SA・PA「満足度ランキング」「穴場ランキング」発表

  • 2021年4月17日

 じゃらんは3月30日、プロのドライバーが選ぶ 東名・新東名高速道路SA・PA「満足度ランキング」「穴場ランキング」を発表した。

株式会社リクルートライフスタイル(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:淺野 健)が企画・編集する旅行情報誌『じゃらん』は、運送、タクシー、高速バスなど職業ドライバー約1,000人を対象に、東名高速道路・新東名高速道路の全サービスエリア・パーキングエリア(以下SA・PA) の中から「利用して良かったSA・PA」「穴場だと思うSA・PA」についてアンケートを実施しました。ランキングの結果とともに、利用して良かったSA・PAトップ5のテイクアウトグルメを紹介します。

『じゃらん』SA・PA「満足度ランキング」「穴場だと思うランキング」発表!

今年は移動に車を利用する人も多いのではないでしょうか。そこで東名高速道路、新東名高速道路の全SA・PAの中から、職業ドライバーが選んだ満足度の高いSA・PAをランキングにしました。
見事1位に輝いたのは、日本最大級の利用者数を誇る海老名SA(下り)。2020年7月に「EXPASA海老名」としてリニューアルオープンし、高速道路初出店のお店も登場。2020年10月より高速道路初となるスマートフォンで料理を注文決済できるサービスも導入され、混雑時の強い味方になっている。またPAとして唯一ランクインしている港北PA(下り)も2020年3月にリニューアル。フードコートも充実し、神奈川のブランド豚を使用した料理などが楽しめる人気のPAです。上位SA・PAのおすすめテイクアウトグルメを次ページにて紹介しておりますので併せてご確認ください。

『じゃらん』SA・PA満足度ランキング【東名・新東名】
(利用して良かったSA・PAを教えてください/MA)

穴場だと思うSA・PAで見事1位に輝いたのは、鮎沢PA(下り)。足柄SAの一つ手前にあり、比較的空いていること、おいしいごはんがあることなどが支持の理由です。そんな、鮎沢PAの名物テイクアウトグルメは「アメリカンドッ君」。天然水を使用した手作りのアメリカンドックで、顔の焼き印が押された愛くるしい見た目も人気です。
2位の駒門PA(下り)は空いていることに加え、施設がきれい、ごはんがおいしいことなどが支持されました。2017年にリニューアルされ御殿場の郷土料理が楽しめるほか、富士山の伏流水が自由に飲めることも魅力の一つです。

『じゃらん』穴場だと思うSA・PAランキング【東名・新東名】
(穴場だと思うSA・PAを教えてください/MA)

【アンケート調査概要】インターネット調査/ 調査時期:2020年10月27日(火)~2020年10月29日(木)/ 調査対象:運送、タクシー、高速バスなど職業ドライバーの方、関東・東海1都11県在住  20代~60代男女/ 有効回答数:1,086名(MA)

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第34回「にっぽんの温泉100選」発表!(2020年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2020年度「5つ星の宿」発表!(2020年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第34回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2021年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・レジャー&体験」「郷土料理・」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram

2020年度「部門別・旅館ホテル100選」(2021年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら