【WEBマーケティング インターネット徹底集客 206】2018年を振り返って アビリティコンサルタント・プライムコンセプト取締役 内藤英賢

  • 2019年1月12日

 早いもので、2018年が終わった。今号では、18年1年の振り返りを行いたいと思う。

 まず初めに今年の漢字が「災」であったことに表されているように災害の多い1年となった。こればかりはコントロールできるものではないので、今年1年が平和になることを祈るしかない。

 続いて、以前から述べているモバイルファーストであるが、今年はGoogleがモバイルファーストインデックスを開始したことでさらに決定的になったと言えるであろう。

 詳細の説明は割愛するが、端的に言うと、今まではWEBサイトの評価基準をデスクトップ版に軸を置いていたが、今後はモバイル(スマートフォン)版に軸を置くとしたものである。

 また、18年の冒頭に述べた予測「差別化と競争激化」「個人旅行の潮流が世界的に」「省人化とテクノロジー」―これらも一層進んでいる状況となっている。

 18年の新たなキーワードとしては「メタサーチの台頭」は見逃せないであろう。トリップアドバイザー、トリバゴ、トラベルコなどの従来から存在していたメタサーチに加えて、LINEトラベルなどのメガベンチャー企業も参入を表明したのは記憶に新しい。

 「少しでも安いものを探したい」という顧客心理は常に存在するものなので、今の顧客行動を理解するためにもメタサーチの動向や導線を研究するのは必須であろう。

 ただし、一方で「価格のみが、お客さまの意思決定に影響を及ぼすわけではない」ということも十分理解しておかないと、価格に頼った戦術行動をとってしまいかねないので注意が必要である。

 なお、施設間の競争激化については今までは比較的、大都市に限られていた話であったが、一巡をしてさまざまな地方にも広がっていきつつある。競合が増えるのは、都市部の話で自施設には関係ないと、たかをくくっていると危うい。いつでも競合施設が増えようとお客さまに支持される宿作りをしておかないと、いざそのような状況になった際に対応が後手に回りかねない。

 結論は毎年一緒の思いになってしまうが、新たな予約経路が出現しようが、競合が増えようが、お客さまに支持されている宿はいつでも強い。今年はどんな1年になりそうか。次号でまた予測を立ててみたいと思う。

(アビリティコンサルタント・プライムコンセプト取締役 内藤英賢)

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram