【WEBマーケティング インターネット徹底集客 199】キャッチコピーの最適化 アビリティコンサルタント・プライムコンセプト 内藤英賢

  • 2018年9月6日

 モバイルファースト対応について、以前から何度か述べているが、その一環として今回はキャッチコピーの最適化について考えてみたい。キャッチコピーとは主にOTAにおいて宿の特徴を伝えるために付ける見出しのようなものである。

 なぜ、モバイルファースト時代にキャッチコピーの最適化が必要なのかというと、スマホでOTAの施設一覧を検索いただくと分かるが、パソコン以上に掲載情報が少なく、より少ない情報でお客さまの目に留まる必要が生じるからである。

 スマホ一覧で表示される施設の情報はOTAによって差異はあるものの、「施設の代表写真」「屋号」「キャッチコピー」「クチコミ」「宿泊プランが一つ」という構成が多い。スマホで検索しているお客さまは、わずかこの五つの情報で、自分が泊まるに値する宿か否かということを判断しているのである。

 したがって、五つの情報の一角を担うキャッチコピーが大事となるのである。かつ、キャッチコピーは他の4要素に比べて、管理画面で簡単に操作できるものなので、やらない理由はないであろう。

 強化のための具体的なポイントは「自施設の強み」「ブランディング」「他施設との差別化要素」のPRである。 

 例えば、キャッチコピーに「温泉と料理が自慢!ごゆっくりとおくつろぎいただける宿」と記載があったとする。残念ながらこのキャッチコピーではお客さまの心を捉えることは難しい。ありふれた言葉の羅列に過ぎないからである。

 仮に温泉と料理が自慢なのであれば、何が良いのかを明確、具体的に打ち出す必要がある。例えば「温泉&夕食評価4.8! 3種大浴場が自慢&朝取れ魚の幸満載会席」などと記載すれば、お客さまの目に留まる確率は格段に高まるであろう。「自施設の強み」「地域の強み」「競合との差別化」等が具体的に表現されているか、今のキャッチコピーが最適なのか再考してみてほしい。

 キャッチコピーはいつでもすぐに変更可能であるので、トライ&エラーを繰り返したり、季節ごとに変えてみたりと、常に最適化を図ってほしい。

(アビリティコンサルタント・プライムコンセプト取締役 内藤英賢)

関連する記事

首都圏を中心に日本で風疹(ふうしん)が大流行しているが、もはや日本国内だけの問題ではなくなった。アメリカの疾病対策センター(CDC)は現地時間の10月22日、予防接種や過…

続きを読む

いわゆる「団塊の世代」が65歳を迎えたのが2012年であり、その頃から多くの日本企業で人材不足が懸念されていた。併せて、バス業界では00年の規制緩和によって貸し切りバス事…

続きを読む

雪に育てられた織物と宿場の町並み 新潟県南東部の上越地方は名だたる豪雪地帯。スキーのメッカで名高いが、なかでも塩沢は雪と寒気の中、千年以上前からの縮(ちぢみ)と紬(つむぎ…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube