【WEBマーケティング インターネット徹底集客174】SALE企画の活用法 内藤英賢

  • 2017年8月3日

 今号ではSALE企画の活用法について述べたい。OTAを始めとする、いわゆる販売代理店が定期的にSALE企画を催すのは既に定例となっている。販売代理店サイドとしては、SALE企画を実施し、ユーザーに告知することで、来客数を増やし、売り上げを増やしたい狙いがあり、販売代理店側に商品を提供している店舗サイドも自店のみ開催のSALEでは得られない規模の告知と販売を実施してもらえるので、基本的にはWIN―WINの関係となる。しかしながら、ともすると「売り上げを伸ばしたい」という欲求が双方に高すぎるゆえに、過剰な値引きSALE商品なども登場してしまうのが実態である。

 そのような点を踏まえて、上手なSALE企画への参画の方法を考えてきたい。身近なSALE事例として、異業種ではあるがアパレル業界のSALE企画を例にとりつつ考えてみたい。アパレル業界のSALEの特徴(1)としては、「とびきり目玉商品」がある。「本品50%OFF!ただし、おひとり様1品限り」のような商品である。特徴(2)として、「数を売ることを主とした目玉商品」がある。「春物!売り尽くしSALE30%OFF」のような商品で、こちらの特徴は数を売ることを主としているため、比較的幅広いカテゴリにSALEがかけられており、かつ数に制限がない。特徴(3)として、「SALE外商品」の存在がある。「新着! 秋物先行仕入れ!(本商品はSALE対象外です)」のような商品である。

 この三つの流れで分かることは、(1)目玉商品でお客さまの関心と来店を増やし、(2)主目的で売る商品を大々的PRし、購入いただく仕掛けを施し、(3)割引外の商品(大概は新商品)も見ていただくことで、新商品のPR活動を行う。という流れで構成されていることである。

 この考え方は宿泊業でも十分に応用できるものであり、参考になる部分は取り入れてほしいと思う。SALEの成功の可否は、そのSALEを上手に活用するかにかかっている。また効果検証も必須なので、さまざまな箇所で開催されるSALEを通して、自施設にとって最適な活用方法を見出してほしい。

(アビリティコンサルタント・プライムコンセプト取締役 内藤英賢)

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram