【VOICE】訪日インバウンドにおける富裕層 帝京大学経済学部観光経営学科 教授 吉村久夫氏

  • 2022年7月13日

吉村氏

お客様の厳しい要求に応える覚悟が必要

 6月10日から訪日外客の観光目的での入国が一部再開された。これから訪日インバウンドを再び成長軌道に乗せるために、さまざまな取り組みがなされていくことと思う。その中で今後さらに期待される富裕層ビジネスに関し、その特性と取り組みに関してお話ししたい。

 富裕層というと多くの人が「お金を持っている人」という認識を持っていると思う。その認識はある意味間違っていない。しかし同時に認識しておく必要のあることは、「お金を持っている人=お金を使う人」では必ずしもないということである。もちろん富裕層はお金を使うときは使う。しかしその使途は彼らにとって本当に使う価値のあるものが対象となる。

 まず富裕層は「特別感」を重視する。つまり「自分だけ」のものや体験を求めている。誰もが得られる情報や商品には価値を感じない代わりに、信頼できるソースからの口コミなどで得た情報は重視する。金融会社のクレディスイスによると、全世界で純資産1億ドルの超富裕層が6万8千人、純資産100万ドルの富裕層が5600万人いるが、このミリオネアの40%をアメリカ人が占めている(中国の約4倍)。そのためアメリカにはVIRTUOSOという高級旅行専門旅行社のネットワークがあり、世界で1800以上の選ばれたホテルやツアーオペレーターなどと契約をしている。

 また富裕層の人たちはいままでなんでも自分の思うようにできてきた分、どこに行ってもそれを求める。 例えばある富裕層のお客さまから自分たちは日本食が大好きなので、日本旅行中の食事は全て本場の日本食を食べたいと依頼があり、そのように手配したところ、2日目に飽きて、その後の日本食の手配は全てキャンセルし、取消料だけで数十万円かかったことがある。またある時は家族旅行で来日される富裕層が利用する車種に富裕層に人気のトヨタアルファードを指定してきたが、旅行先の東北には白いアルファードが多く、黒は手配が難しかった。しかし黒でないと高級感を感じないので、黒以外はダメということで、東京から黒いアルファードを東北まで持っていったこともある。

 このように富裕層のお客さまを受け入れるには、彼らのある種のわがままに根気強く対応する「忍耐強さ」と「覚悟」が必要となり、彼らの価値観にしっかり応えていくためには、単に高級なサービスやコンテンツを用意するだけでは不十分であることを肝に銘じておかなければならない。

 

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram