【SDGs特集】JTBの商事のアメニティシリーズ

  • 2022年6月16日

mugicara(左)とアメニティバイキング用什器

ムギ由来の植物資源を含有

 JTB商事は、CO2排出とプラスチック使用量を削減するアメニティシリーズ「mugicara」(むぎから)を提供している。ハブラシやヘアブラシ、レザー、コームにはムギ由来の植物資源を含有している。

 昔から日本人になじみのわらじ、縄などを作る麦わら(麦の穂を落とした後の茎)を原料とするアメニティ。ムギの廃棄部分からなる再生可能な生物資源を含有することにより、従来品よりもプラスチックを29%削減した。mugicaraは、「ムギから始まる環境配慮」という同社の志念を含ませた造語。

 包装は日本製のクラフト調の紙を採用し、従来品よりもプラスチックを89%削減した。印刷には有機溶剤の含有量が限りなくゼロに近い水性インキを使用しており、環境にやさしい。

 石油を原料として作られた「プラスチック」は、石油資源を消費し、焼却する際に二酸化炭素を発生させてしまう。mugicaraで使用されているムギ由来のバイオマスは、ポリプロピレンの使用量を減らし、燃焼時にCO2を増やさないカーボンニュートラルで、地球温暖化防止に有効とされている。

 また、シリーズのシャワーキャップは、コーンスターチ含有プラスチックを素材としており、同じく環境配慮型商品となっている。

 同社では、宿泊施設からの要望が多いアメニティバイキング用の什器も提案。全方面から商品を選べるラウンド型や、収納スペースを備えた壁面用などを用意し、すべて特注で対応する。

 この夏にSDGsの取り組みにかなう専用カタログの発行を予定している。カーボンニュートラル、環境にやさしい消耗品、装備品など宿泊施設で利用できる商品を厳選予定。

 

mugicara(左)とアメニティバイキング用什器

WEBで詳しく

 


関連キーワード
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram