【HCJ2022出展ブース特集】バカン(東5-K23)

  • 2022年2月16日

レストラン入り口のタブレットで順番待ちを登録

大浴場の混雑もDXで回避

 バカンは、センサーやカメラなどで人やモノの混雑・空きデータを取得、解析する独自のDXサービスを提供するプラットフォームを運営している。

 サービスを提供する領域、利用用途は多岐にわたる。定期券売り場窓口の混雑をリアルタイムに可視化して、利用者の分散化を実現した札幌市交通局、避難所から混み具合をリアルタイムに発信し、現地業務の円滑化も図った長崎市など全国200以上の自治体で導入され、効果を上げている。

 旅館・ホテルでは、朝食レストラン会場、大浴場、フロントなどの混雑回避などで活躍。古屋旅館(熱海温泉)ふたりの湯宿湯花満開(熱川温泉)箱根芦ノ湖はなをり(元箱根温泉)鴨川館(鴨川温泉)などホテルだけでなく温泉旅館の導入事例も多い。観光地では、伊勢神宮前の「おかげ横丁」が大々的に導入。デジタル整理券の発行などで、赤福や伊勢うどん店などの混雑抑制に貢献している。

 温泉旅館のバカン導入理由で一番多いのは「大浴場内の混雑状況の可視化」だ。脱衣所の入り口に設置した専用センサーが入退室の人数を高速、高精度で検知。宿泊客は、客室やフロントなどに掲示したQRコードを読み込むことで、自身のスマホ上から大浴場のリアルタイムの混雑状況を確認できる。サイネージなどを活用して、より分かりやすく情報を配信している例もある。

 大型ホテルでは「朝食レストランの待ち列の管理」でバカンが活躍。レストラン入り口のタブレットかスマホで順番待ち登録をすることで、順番が近づいたらスマホに通知が送られる仕組み。列に並ぶ必要はない。

 HCJ2022のバカンブースでは、スマホを持たない人でも館内の混雑状況が把握できる大型デジタルサイネージのモデル展示も行う。

レストラン入り口のタブレットで順番待ちを登録

スマホなしでも館内各所の混雑状況が一目で把握できる大型デジタルサイネージ(今回のブースにも展示)

バカン

 

 

 


関連キーワード
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram