【GWの状況】ANA 国内線は予約数1.3倍 国際線も好調 


 全日本空輸(ANA)は4月21日、ゴールデンウイーク期間(4月29日~5月7日)の予約状況を発表した。国内線は予約数が前年比で1.3倍、国際線は予約数が2.7倍とそれぞれ好調だ。

 国内線は提供座席数が前年比10.2%減の151万7958席、予約数が32.0%増の93万2696人、予約率が10.1ポイント増の61.4%。予約数はコロナ前の2018年比で15.3%減。ピーク日は、下り便が5月3日、上り便が5月6日、7日となっている。

 方面別では、関西方面が1.5倍、中・四国方面が1.4倍と好調。年代別では、15歳以下が1.5倍、65歳以上が前年比1.6倍と好調。家族で帰省や旅行を楽しむ人が増えている。

 国際線は提供座席数が150.2%増の21万2932席、予約数が169.4%増の15万2309人、予約率が5.1ポイント増の71.5%。予約数はコロナ前の18年比で37.0%減。海外発の旅客(訪日需要や北米・アジア間の接続需要)が好調に推移していることに加え、日本発の旅客も増えている。

 方面別ではハワイが5.5倍と好調。コロナ前(18年比)の9割まで回復している。バンコク、ソウル、台北などアジア方面も日本発レジャー需要の回復傾向がみられる。

 
新聞ご購読のお申し込み

注目のコンテンツ

Facebook
X(旧Twitter)
YouTube
Instagram

第37回「にっぽんの温泉100選」発表!(2023年12月18日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位道後

2023年度「5つ星の宿」発表!(2023年12月18日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」「5つ星の宿プラチナ」は?

第37回にっぽんの温泉100選「投票理由別ランキング ベスト100」(2024年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2023 年度人気温泉旅館ホテル250選「投票理由別ランキング ベスト100」(2024年1月22日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒