【2023新春 ホテルグループトップインタビュー】森トラスト 代表取締役社長 伊達美和子氏

  • 2023年1月11日

森トラスト 代表取締役社長 伊達美和子氏

世界に向けて日本を発信

観光先進国化、地方創生に貢献

 ――森トラストグループは多岐にわたるビジネスを展開されている。事業セグメントの中でのホテルビジネスのポートフォリオについて伺いたい。

 私たちは、不動産開発事業を手掛けており、比較的安定的な収益を上げる都心を中心としたオフィス事業をベースに、ボラティリティの高いホテルビジネスをそれに追随する形で成長させていくというのが戦略だ。そこに住宅事業も入ってくる。

 オフィスビジネスは安定事業ではあるが、急成長は見込めない。一方、ホテルビジネスでは、ポジティブな時はポジティブに、ネガティブな時は最悪のシナリオを回避することに集中し、収益をコントロールしている。不動産事業としてのリスク分散を、多角的なポートフォリオの構築で実現している。

 ホテル開発は、不動産開発事業の一環として行っている。そしてその経営を外部に委託するのではなく、自社グループの中で運営している。運営の中で得た情報を次の開発に生かすエコシステムができているのも、私たちの強みだ。

 ――オペレーションに関してはマリオットを中心にいくつかのブランドを使われているが。

 外資ブラントと組む最大のメリットは彼らの顧客数だ。マリオットを誘致して、2013年にホテルラフォーレ東京を東京マリオットホテルとしてリブランドオープンした時、マリオットの会員数は3800万人だった。今は1億6千万に増えた。

 ホテル事業を行っていく上で重要なのは生産性を上げていくことなのだが、資材、原材料の調達コストと同時に顧客を獲得するためのコストもかかってくる。マーケティングコストを抑えながらチャネルを増やして集客できる方法を考える必要がある。私たちの「ラフォーレ事業」は会員制なので集客コストは抑えられている。ただ、対象が国内であり範囲が限られているという課題があった。海外に向けたチャネルを持つインターナショナルブランドと組めば両方から集客することができる。そのハイブリッドチャネルを獲得するために外資系ブランドと組むという戦略を立てた。

 ――マリオットを選んだ理由は何か。

ペイウォール会員向け記事です。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第36回「にっぽんの温泉100選」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位道後

2022年度「5つ星の宿」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第36回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2023年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2023年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram