【IT&インバウンド特集】ホテル向けトータルソリューション ハネウェルジャパン

  • 2018年5月30日

加藤GM

日本市場で本格始動

 ハネウェルジャパン(東京都港区)は、ホテル・旅館向けソリューションなどを取り扱うホーム&ビルディング・テクノロジーズ(以下、HBT)の組織を再編して、加藤裕之リージョナルゼネラルマネージャーをHBTのトップにアサインし、今年から日本市場に本格参入した。

 同社のHBTは、ビルディングマネージメントシステム(BMS)をはじめ、防災ソリューションとセキュリティソリューションの三つの事業ラインで構成され、グローバル全体では1兆円の事業規模。世界での実績をもとに、日本市場においても今後順次、展開していく計画だ。

 近年、観光客の増加に伴い、ホテルの新規出店や既設ホテルの改修が盛んになっている。

 また、2020年の東京オリンピック、その先に控えるIR関連の統合型リゾート計画、大阪万博計画など、宿泊施設への投資機会も数多く想定されている。

 HBTのBMSが取り扱うホテル向けソリューション「INNCOM(インコム)」は、世界各国の5つ星ホテルで導入実績があるシステム。デザイン性が求められるホテルの客室に合わせて選択できるよう、豊富な種類のスイッチや温度調節器をラインアップしている。日本市場でも積極的に展開する予定で、すでに複数の施設で具体的な検討段階に入っているとのこと。

 「今後、多くの海外旅行客のホテル利用が見込まれる。施設の設計においては、グローバル系列のホテルで導入実績のあるシステムでの管理・運用を希望するケースが増えることが予想される。こうしたニーズに、インコムを中心とした提案で応えていきたい」とハネウェルジャパン。

加藤裕之ゼネラルマネージャー

https://www.honeywell.com/worldwide/ja-jp

 


関連キーワード

関連する記事

ハイルーフ、低床で広い室内、安全面も追及 団体から個人へ、旅行形態の変化が叫ばれて久しい。大型バスが数珠つなぎの団体旅行も決して皆無ではないが、バブル華やかなりし頃とはそ…

続きを読む

http://www.raku-2.jp/

続きを読む

五つのテーマで中国大陸を見る 中国駐東京観光代表処新しい旅のスタイル提案 中国駐東京観光代表処は、中国大陸全土の観光魅力を「癒やし」「三国志」「古文明」「西遊記」「大自…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube

長澤まさみさん「Meet Colors! Taiwan」CM発表会