【ITソリューション特集】JRシステムの予約一元管理サービス

  • 2020年5月21日

エージェント別予約件数推移グラフ

分析集計項目機能を拡充

 JRグループの鉄道情報システム(JRシステム)が提供する「らく通with」は、宿泊施設向けの旅行会社・予約サイト(OTA)の予約、在庫、料金を一元管理できるサービス。常に顧客の要望を受けてバージョンアップを行っており、最近ではオプションで、旅行会社やOTAの売り上げ分析をはじめとするさまざまな分析集計項目の機能拡充を図っている。

 今まで標準搭載されている分析集計機能は、「旅行会社別予約状況」「予約リードタイム分析」「企画別予約状況」の3パターンだった。これに加え、要望が多かった旅行会社、OTA別の売り上げ分析や、対前年対比分析などを加え計10パターン以上の分析集計データを追加した。

 併せて、グループ施設であれば、運営施設の分析集計データを1画面で確認できるようにした。「クラウド上で、いつでも、どこでも確認ができる。データファイルの出力も簡単にできるため販売戦略や、社内報告、レポートなどに活用できる」と同社。このオプション機能は初期費用の発生はなく、月額2千円から利用できるため「大変お得」とも。

 らく通withは、JRの「みどりの窓口」の予約販売システムを開発、運営する同社の技術力を強みに、宿泊施設の予約、在庫の一元管理システムとして展開してきた。ホテルシステム(PMS)と自動データ連携が容易で、利用料金は月額9800円からの固定料金制。予約サイトの従量料金は一切ない。また、365日対応のサポート体制の充実も特徴だ。

エージェント別予約件数推移グラフ

らく通with【 JRシステムの送客通知端末・サイトコントローラー】

 

 


関連キーワード
新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第33回「にっぽんの温泉100選」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2019年度「5つ星の宿」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第33回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2020年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2019年度「部門別・旅館ホテル100選」(2020年1月11日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram