【風呂じまんの宿特集】風流天流 太子の湯 山水荘(福島県・土湯温泉)

  • 2017年11月24日

展望大浴場「瀧の湯」

滝を眺める展望大浴場

 福島市内から車で約30分、豊かな自然に囲まれた土湯温泉は聖徳太子の伝説が残る、歴史ある温泉地だ。山水荘(渡辺和裕社長)はその土湯温泉を代表する旅館で、隣には一級河川に指定され、日本一の清流にも数えられている荒川が流れており、この川が作り出した景勝が四季折々で違った顔を覗かせる。

 山水荘は荒川と二段の滝を眺める展望大浴場や野湯、「太子の湯」、5カ所の貸切風呂などを持つ温泉三昧の宿で、宿泊客の心と体を癒す。

 6階の展望大浴場「瀧の湯」からは、荒川とそれを取り巻く雄大な景勝を大パノラマで、湯船に浸かりながら存分に味わうことができる。また、もう一つの展望大浴場「淵の湯」は旅館では珍しい2階建ての造りになっており、浅湯、深湯のさまざまな湯船を楽しむことができる。

 瀧の湯と淵の湯は日替わりの男女交代制で、宿泊客は前日とは異なる趣の風呂を楽しめる。

 3階には聖徳太子の名を冠した露天風呂、太子の湯がある。山水荘の象徴的な存在だ。荒川二段の滝が圧倒的な水量で流れ落ちる様はまさに絶景。自然のマイナスイオンと開放感に浸れる源泉かけ流しの露天風呂はぜひ堪能したい。今では珍しい男女混浴制をとっているが、女性専用の時間(午後7~11時)も設けているのがうれしい。

 カップルや家族連れにお勧めなのが貸切風呂だ。半露天の「石の湯」「樽の湯」、内湯の「かわせみ」「おしどり」、そして露天の「星天の湯」があり、60分で1080円(税込み)と手ごろな料金で利用できる。贅沢な時間を恋人や家族とともに過ごしたい方にお勧めだ。

 原発事故の影響もほとんどない。未曽有の大震災にも負けずに、今なお慕われる山水荘の温泉で心身ともにほっこりとなってほしい。

▽福島県福島市土湯温泉町字油畑55。TEL024(595)2141。http://www.sansuiso.jp/

展望大浴場「瀧の湯」

太子の湯


関連キーワード

関連する記事

観光経済新聞電子版2010年1月1日号~最新号の記事が全て読める! 観光経済新聞電子版(PC版) 観光経済新聞電子版(スマホ版)

続きを読む

コンパクト設計で容量41リットル 三菱電機エンジニアリング(本社・東京都千代田区)が販売している「40リットルタイプ電子冷蔵庫」は、静音性に優れるペルチェ方式の電子冷蔵庫…

続きを読む

眺望抜群の空中庭園露天風呂 栃木県・鬼怒川温泉の老舗旅館、あさや(八木澤哲男社長)は、自家源泉「子宝の湯」を所有し、豊富な湯をたたえた多彩な風呂が人気だ。 湯はアルカリ…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube

温泉エッセイスト 山崎まゆみさんが来社!