【道標 経営のヒント 200】エコ・小と土地の力 佐々山建築設社長 佐々山茂

  • 2019年8月15日

 先日、東北の旅館でエコ・小活動を行った。エコ・小活動は温泉旅館を土地の力を生かし、小さなエネルギーで美しく運営することを目指しているが、一方で生産性向上も目的としている。

 生産性向上とは、投入するエネルギーや労働力に対して利益率を上げることで、今回は温泉施設を効率的に運用することで無駄にしている水と重油を減らし、循環ポンプにインバータを設置して無駄な電気使用量を抑え、生産性向上を目指している。しかし、このようなエネルギー対策は地味で、分母を小さくすると同時に付加価値を増やし、分子を大きくすることを同時に行わないとモチベーションが上がらない。

 食事の提供場所の話になった。この日の昼食を頂いた渓流を望むレストランはラウンジに接し、専用厨房があってお客さまにも喜ばれている。しかし、お客さまが多いと席数が確保しやすいコンベンションホールにバイキング会場を移している。コンベンションホールは天井が高く、空調負荷と照明負荷が大きく、電気使用量が増え、その上テーブル位置が団体向けで、景色もない。渓流を望むレストランはラウンジやテラスなどを入れるとコンベンションより広く、少し手を加え、食事時間を分散すれば対応できると考えた。この地域一番ともいえる景観を見ながらの食事はお客さまの満足度も上がり、付加価値を生む。

 次にロビー前の名物の断崖の話になった。何千万年前に海底が隆起してできたと常務の話にも熱が入り、普段は寡黙な社長もこの辺では少し掘るとどこでも化石が出るという。昔は縄文土器も出たが、対岸の公園では珪化木が取れるという。

 若女将は初めて聞く話に身を乗り出して聞き入り、ちょうど夏休みで、化石と昆虫採集ツアーを組んだらという話も出た。海底が隆起した断崖や化石が取れることをブラタモリ風に紹介し、社長自ら案内する地質観察ツアー、化石ツアーは地域らしいアクティビティとなる。私も息子が小学生のころ、化石採集にあちこち出掛けたことを思い出した。江戸時代に創業者がこの地を選んで宿泊業を始めたことに思いをはせれば自分たちでできることはまだまだあると感じた。

 自然や土地に接する機会の少ない日本人は子どもを含めてほとんどが都会人となった。その地を訪れる人々の心が求めているのは、その土地がそもそも持っている自然の力、資本財ともいえる景観だ。ブラタモリやポツンと一軒家などの番組がバラエティーより人々の心を引きつけていることはヒントになりそうだ。

関連する記事

すき焼きで有名な博多の老舗「中洲ちんや」が、先月惜しまれつつ71年の歴史に幕を閉じた。二代目経営者で女将の古賀人美さんが生まれた年に精肉店として開業、その後飲食店も併設し…

続きを読む

2019年8月から楽天トラベルにおいて、料金体系と基本規約が改訂になるが、その中で最低・同一料金保証の条項が消える。施設にとってはどのチャネルでどういう販売戦略をとるのか…

続きを読む

前回までの「観光と福祉」というテーマから一転して、今回からはしばらく、「宿泊関連研究部会」(以下、「JAFIT宿泊部会」という)のメンバーでリレーさせていただく。 筆者…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube