【速報】観光庁長官に和田浩一氏

  • 2021年6月25日

第8代観光庁長官に決まった和田浩一氏

 国土交通省は25日、幹部人事を発表した。7月1日発令予定の観光庁長官人事では、蒲生篤実長官が退任し、和田浩一国交省航空局長が就任する。和田氏は、観光庁次長などを務めた経歴があり、8人目の観光庁長官に就任する。

 和田氏は、観光庁観光資源課長などを経て、航空局次長、観光庁次長、2019年7月から航空局長。コロナ禍の中、観光産業の支援、Go Toトラベル事業の再開、インバウンドの段階的な回復など、観光の再生に行政手腕の発揮が期待される。

 蒲生氏は、20年7月21日付で観光庁長官に就任。在任期間は約1年となる。就任直後からGo Toトラベル事業の執行に当たり、都道府県に補助金を交付する地域観光事業支援などを含め、コロナ下で観光施策のかじ取りに尽力した。

 和田 浩一氏(わだ・こういち)1987年4月、運輸省(現・国交省)入省。1996年8月に国際観光振興会(現・日本政府観光局)ロンドン観光宣伝事務所、2009年9月に観光庁観光地域振興部観光資源課長、15年7月に国交省航空局航空ネットワーク部長、17年7月に航空局次長、18年7月に観光庁次長、19年7月から航空局長。東大法卒。埼玉県出身。57歳。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram