【速報】楽天トラベル、民泊予約参入を発表

  • 2018年1月17日

 楽天はトラベルは民泊の取り扱いを始める。6月に開設する合法民泊サイト「楽天ライフルステイ」で取り扱う民泊物件を楽天トラベルでも予約できるようにする。17日、楽天ライフルステイが発表した。発表内容は以下の通り。

  楽天グループの民泊事業会社である楽天LIFULL STAY株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:太田 宗克、以下「楽天LIFULL STAY」)は、2018年6月15日の住宅宿泊事業法(民泊新法)施行に先立って民泊事業者の届出受付が始まる同年3月15日に合わせて、同法施行後に開設予定の民泊サイト「Vacation STAY」(仮称)に掲載する国内民泊施設の登録受付を開始します(注)。

  また、楽天LIFULL STAYは、2018年9月頃をめどに、楽天株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下「楽天」)が運営する国内最大規模の旅行予約サービス「楽天トラベル」に「Vacation STAY」(仮称)に掲載する国内民泊施設の在庫を供給することになりましたので、お知らせします。国内ユーザーは、「楽天トラベル」を通じて、日本のホテルや旅館、ビジネスホテル、ホステルだけでなく、民泊施設も選択肢の一つとして比較検討し、選ぶことができるようになります。「楽天トラベル」は、多様化する宿泊ニーズに合致した利便性の高いサービスを提供していくことで、宿泊施設全体への送客力を高めることを目指します。

    楽天LIFULL STAYは、2017年3月の会社設立以降、「ブッキング・ドットコム」「ホームアウェイ」「途家」「AsiaYo.com」といった民泊・宿泊予約サイトを運営する海外企業との提携を進めてきました。海外ユーザーは、これらサイトを通じて、「Vacation STAY」(仮称)に掲載する国内民泊施設を予約できるようになります。在庫連携は、サイト開設時より順次開始する予定です。


  また、掲載する民泊物件については、民泊新法、特区民泊、または簡易宿所営業許可など必要な法令に基づき届出が受理されている物件のみを扱い、合法かつ安心・安全な民泊環境を推進していくことで、民泊マーケット全体の健全化と拡大を図っていきます。

  楽天LIFULL STAYと楽天は今後も、国内外の旅行客に向けて様々な宿泊スタイルの選択肢を提案し、多様な宿泊ニーズに応えるサービスを提供してまいります。

(注) 受付方法の詳細については、楽天LIFULL STAY ウェブサイト( https://www.rakuten-lifull-stay.co.jp/vacationstay.html )にて、順次告知予定です。

関連する記事

日本旅行は、2018年度JCSI(日本版顧客満足度指数)調査の旅行業種で「顧客満足度」1位を獲得した。 11月7日、JCSI(日本版顧客満足度指数)調査の第4回調査結果の…

続きを読む

アソビューは、ANAセールスの「SORATABI LIFE #ソラタビライフ」 にオリジナルプランの提供を開始した。 日本最大の遊びのマーケットプレイス「asoview!…

続きを読む

JALは11月15日に解禁日限定 ボージョレー・ヌーヴォーを機内・空港ラウンジで提供する。 JALは、ボージョレー・ヌーヴォー解禁日となる11月15日に国際線機内(一部路…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube