【速報】日本旅行が京急観光を買収~京急電鉄が事業譲渡で日本旅行と基本合意

  • 2017年9月1日

 日本旅行は京急観光を買収する。京急電鉄は本日、京急観光の事業譲渡で日本旅行と基本合意した。同社100%子会社の京急観光の店舗(川崎アゼリア,横浜ポルタ,上大岡,金沢文庫,横須賀,久里浜の計6店舗)と外販事業(法人・団体営業部門)を譲渡する。譲渡予定日は2018年2月28日。譲渡価格は今後両社協議の上決定する。両社が発表した詳細は次の通り。

 京浜急行電鉄株式会社(本社:東京都港区,社長:原田 一之,以下 京急電鉄)と株式会社日本旅行(本社:東京都中央区,社長 堀坂 明弘,以下 日本旅行)は,本日2017年9月1日,京急線沿線への誘客拡大をはじめとする事業連携ならびに京急電鉄の100%子会社である京急観光株式会社(本社:東京都大田区,社長 木村 健,以下 京急観光)の店舗事業および外販事業の日本旅行への事業譲渡に関して,基本合意に至りましたので,お知らせいたします。

 京急グループは,「品川・羽田を玄関口として国内外の多くの人々が集う,豊かな沿線を実現する」ことを長期ビジョンに掲げ,中期経営計画において「訪日外国人需要の取込み」や「都市近郊リゾート三浦の創生」を重点的に取り組むべき戦略としております。この戦略を推進するために,京急電鉄が主体となって,京急グループ各社や行政機関・インバウンド関連業種などとの連携を強化するとともに,今回の基本合意により,日本旅行が持つ幅広い事業ノウハウを観光活性化による交流人口の増加やインバウンド施策のさらなる強化に結び付けてまいります。なお,ネット販売の拡大などにより,事業環境の厳しさが増している京急観光の店舗事業および外販事業を,旅行業大手の日本旅行に譲渡いたします。

 日本旅行グループは,本年度よりスタートした中期経営計画「VALUE UP 2020」において,「地域の魅力を磨き上げ,幅広く発信していく」ことを目指す姿「4つのValue」の一つに掲げ,インバウンドを含めた地方創生事業(地域活性化,地域誘客等)への取組強化を進めております。今回の基本合意により,京急グループとの一層の連携のもと,京急線沿線の観光素材や施設を活用した商品造成や販売展開,日本国外を含めたエリア外での誘客プロモーション,西日本方面をはじめとした各商品の沿線顧客への提案強化等を推し進め,他エリアとの相互交流の拡大に取り組むとともに,京急グループへの旅行関連をはじめとしたサービスの拡充を推進してまいります。

 今後,事業連携の実現に向けて具体的内容を両社で協議するとともに,2018年2月28日に京急観光の店舗事業と外販事業を事業譲渡する予定です。

基本合意の概要について

1. 目的

<京急グループ>
  京急グループ第18次総合経営計画における重点テーマである「訪日外国人需要の取込み」や「都市近郊リゾート三浦の創生」の実現に資するため,京急電鉄が基本戦略を策定し,京急グループ一丸となって,行政機関やインバウンド関連業種などと連携して各種施策を推進する。そのうえで,日本旅行が持つ幅広い事業ノウハウを活用し,観光活性化による交流人口の増加やインバウンド施策の強化および旅行サービスの向上を図る。

 <日本旅行グループ>
日本旅行グループ中期経営計画「VALUE UP 2020」の目指す姿の一つである「地域の魅力を磨き上げ,幅広く発信していく(地域の価値向上)」の実現に資するため、京急グループとの一層の連携のもと,京急線沿線の観光素材や施設を活用した商品造成や販売展開,誘客プロモーション,西日本方面をはじめとした各商品の沿線顧客への提案強化等を推し進め,他エリアとの相互交流の拡大に取り組むとともに,沿線顧客や京急グループへの旅行関連をはじめとしたサービスの拡充を図る。

2. 合意日

2017年9月1日(金)

3. 合意内容について

(1) 事業の連携

イ.訪日外国人や国内旅行者の誘客拡大およびサービス向上

ロ.沿線顧客や京急グループへの旅行関連サービスの提供

ハ.インバウンドおよび沿線活性化に関する情報提供および調査

(2)一部事業の譲渡

 イ.譲渡事業
  (イ)店舗事業(川崎アゼリア,横浜ポルタ,上大岡,金沢文庫,横須賀,久里浜の計6店舗)
  (ロ)外販事業(法人・団体営業部門)

 ロ.譲渡予定日  2018年2月28日

 ハ.譲渡価格
    今後協議のうえ決定

以上

<参   考>

1.京急電鉄の会社概要(2017年6月29日現在)
(1)創立年月  1898年2月
(2)資 本 金  43,700百万円
(3)本店所在地  港区高輪2丁目20番20号
(4)株主構成  日本生命相互会社,㈱みずほ銀行,㈱横浜銀行など
(5)事業内容  交通事業,不動産事業,レジャー・サービス事業,流通事業,その他の事業
(6)従業員数  1,856名

2.日本旅行の会社概要(2017年4月1日現在)
(1)創立年月  1905年11月
(2)資 本 金  4,000百万円
(3)本店所在地  中央区日本橋1丁目19番1号
(4)株主構成  西日本旅客鉄道㈱(79.8%),㈱三菱東京UFJ銀行,㈱みずほ銀行,東海旅客鉄道㈱,東日本旅客鉄道㈱など
(5)事業内容  旅行に関する総合サービスの提供
(6)従業員数  2,576名

3.京急観光の会社概要(2017年7月11日現在)
(1)設立年月  1974年7月
(2)資 本 金  100百万円
(3)本店所在地  大田区大森北6丁目12番17号
(4)株主構成  京急電鉄100%
(5)事業内容  旅行業,旅行に付随する外貨の両替業務等
(6)従業員数  102名
(7)店 舗 数  9店舗(品川,川崎アゼリア,横浜ポルタ,上大岡,金沢文庫,追浜,横須賀中央,ウィング久里浜,神田外語学院)

以 上

 

関連する記事

中国最大手OTAのシートリップは10日、同社が運営する旅行サイトTrip.comで発生し、社会問題化している「架空宿泊在庫販売問題」について、新たな声明を発表した。 声…

続きを読む

日本全国の楽天トラベル登録施設が自慢の朝ごはんを競い合う料理コンテスト「楽天トラベル朝ごはんフェスティバル2018」の決勝大会(ファイナルステージ)が11月28日、東京都…

続きを読む

デルタ航空は6日、国際線「デルタ・ワン」に機内食の事前予約プログラムを導入した。 デルタ航空(NYSE:DAL)は、一部路線で機内食の事前予約プログラムを導入していますが…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube