【速報】ブッキング・ドットコム・ジャパン、アクティビティ予約「ブッキング・エクスペリエンス(Booking Experience)」を開始

  • 2018年5月11日

 ブッキング・ドットコム・ジャパンは11日、アクティビティ予約「ブッキング・エクスペリエンス(Booking Experience)」を開始したと発表した。

世界最大のオンライン宿泊予約サイト Booking.com (ブッキング・ドットコム)の日本法人 ブッキング・ドットコム・ジャパン株式会社(本社:東京都港区 代表:アダム・ブラウンステイン 以下:ブッキング・ドットコム)は、スマートフォンから簡単に、旅先の様々な観光スポットやアクティビティ、オプショナルツアーを検索および予約できる機能「ブッキング・エクスペリエンス(Booking Experience)」の運用を東京で開始したことを発表致します。最新のテクノロジーを駆使し、既に40の国と地域で運用されているブッキング・エクスペリエンスの開始により、ブッキング・ドットコムを通して東京都内の宿泊施設を予約した方には、東京の各種観光名所やツアーへの優先入場や特別割引などの特典が提供されます。

ブッキング・エクスペリエンスが他のアクティビティ予約ツールと大きく異なる点は、他サイトに誘導されることなく、全プロセスがブッキング・ドットコムのサイトやアプリ内で完結されるところにあります。ユーザーが東京やその他のブッキング・エクスペリエンス対象都市で宿泊予約をすると、招待メールにてQRコードが届きます。各QRコードを通して、ブッキング・ドットコムに登録されている市内の観光スポットやアクティビティを即時予約することができ、事前に登録したクレジットカードで支払いも簡単に行うことが可能です。これにより、事前予約をしたり、現地でチケット購入の列に並ぶ必要がなくなり、観光スポットやアトラクションに直接行き、QRコードをスキャンするだけで、各種体験を楽しめます。加えて、ブッキング・エクスペリエンスは訪日外国人観光客に向けて英語をはじめ40以上の言語に対応しているため、日本語が話せなくても、様々なアトラクションでユニークな体験ができるのです。

現在東京で体験できるアトラクションや観光スポットには、江戸巡り、 茶道体験、エンターテイメントショー、人力車ツアー、富士山日帰りツアー、博物館、アトラクション施設などがあります。

旅行者は、このような様々な観光スポットやアクティビティを事前または旅先に到着してから検索および予約することができます。実際に利用したアクティビティのみの料金が請求されるため、何がしたいか、いつでも決められる柔軟性とお得感を味わうことができます。

「私たちは便利で楽しい旅行の経験をユーザーに提供できるよう、常に新しいテクノロジーを探求しています。ブッキング・エクスペリエンスはまさにその一つです。」と、ブッキング・ドットコム最高製品責任者(CPO)デイビッド・ビシュマンズは語っています。「旅行をしながら何をするか決めるのは時間もストレスもかかります。ブッキング・エクスペリエンスでは、私たちが精選した東京のおすすめの人気スポットやアクティビティを、特別価格で簡単に予約できます。旅行者のみなさんは現地へ向かうだけで、したいことをしたい時にできます。」

ブッキング・エクスペリエンスは現在最高43の言語で提供されており、諸外国からの訪日客にとっても大変便利です。です。利用できるアクティビティは、アムステルダム、バンコク、バルセロナ、ベルリン、ブダペスト、コペンハーゲン、ドバイ、クアラルンプール、リスボン、ロンドン、オスロ、パリ、プラハ、ローマ、シンガポール、シドニー、東京、ウィーン、ワルシャワなど、世界40の国と地域にて提供しています。

 
 
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら