【逆境をチャンスにー旅館の再生プラン408】失敗しないオペレーター選び 3 青木康弘

  • 2018年1月10日

前回に引き続き、オペレーター選びに失敗しないためのポイントを紹介しよう。「最初に提案されていた話と違う」「こんなはずじゃなかった」と後悔しないよう気をつけたい。

4、相性の良いオペレーターを探す

皆さまが保有する旅館・ホテルの立地や業態、規模、オーナーとオペレーターの責任分担、リスクの許容度によって、適切なオペレーターは異なる。可能であれば実績豊富な大手オペレーターに依頼したいと考えるオーナーは多いが、受託案件は厳しく選別されるのが実態だ。

例えば、受託を検討するための基本条件として、(1)客室数100室以上(旅館ならば70室以上)(2)客室グレードが一定基準以上(オペレーターにより異なる)(3)著名観光地、もしくは都市部に所在し、観光客・ビジネス客の入り込みが期待できる(4)隣接する商圏に同オペレーターが運営する旅館・ホテルが所在する(食材や人材の融通がしやすいため)―ことなどが挙げられる。

この条件に当てはまらないと、すげなく断ってくるオペレーターは多い。前述の受託条件に当てはまらない場合は、支配人派遣やコンサルティングを代替案として提案されることもある。これでは運営者の担い手不足を根本解決できない。
大手オペレーターの条件に合わなければ、隣接する商圏で複数店舗を受託している中小オペレーターか、直営形態の旅館・ホテルに相談すると良いだろう。食材や人材の融通がしやすければ、立地が悪く客室数の少ない小規模旅館・ホテルであっても引き受けてくれる可能性がある。

ただし、正式な依頼をする前に、他の施設に試泊し運営能力をチェックしたり、財務状態について可能な範囲で開示を受けた方が良い。帝国データバンクなどの信用情報サービスで調べるという手もある。

中小オペレーターは玉石混交の世界であり、中には民泊代行の延長線上で受託物件を探している会社もある。長期の賃貸借契約を結んだものの途中でオペレーターが倒産したり、いい加減な運営で旅館・ホテルの価値を毀損させないよう注意することが大切だ。

 (山田ビジネスコンサルティング事業企画部部長)

関連する記事

これまで、短・中距離の高速バス路線においては、「ウェブや電話であらかじめ予約→発券(運賃の支払い)は当日、乗車直前に」という使い方が一般的であった。発券(支払い)していな…

続きを読む

前号では山の日から始まる夏のピーク日の需要動向について述べたが、今号ではそれ以外の夏に関わる施策について考えてみたいと思う。 8月11~18日の夏の代表的な部分について…

続きを読む

4月29日、筆者は長野県伊那谷の長谷中尾地区にある中尾座で催された「中尾歌舞伎春季定期公演」を楽しんだ。250年前に旅芸人により伝えられたという歌舞伎は、地元の住民が習い…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube

長澤まさみさん「Meet Colors! Taiwan」CM発表会