【逆境をチャンスにー旅館の再生プラン 566】休館中に取り組める未来の1歩 1 アルファコンサルティング代表取締役 青木康弘

  • 2021年5月26日

青木氏

 新型コロナの再燃により、ゴールデンウイーク明けから休館を余儀なくされている施設は少なくない。いつ終息するのかと気をもむ日々を過ごすのは辛いものである。今回コラムでは休館中でも取り組める施策を紹介したい。気心の知れた仲間と一緒に取り組むと良い。今のうちから準備した施策がアフターコロナにおいて大きな成果を生み出すことを期待したい。

 1、複数の施設が連携して企業誘致を行う

 緊急事態宣言の中でもワーケーションを実施しているビジネスマンは少なくない。都会の混雑を避けて地方で業務を行う人は、さらに増加すると考えられる。ワーケーション普及にあたって障害になるのが、企業側の理解と受け入れ態勢だ。

 同じ地域の複数の旅館・ホテルがワーケーションに前向きな企業と法人契約して、オフィスや住環境を提供することをお勧めする。地域によっては雇用する従業員数や賃料に応じて補助金を支給する自治体もある。

 一つの旅館・ホテルで実施してもニュース性に乏しく事業化は難しい。複数の施設で協力して、分散型ワーケーション施設といったコンセプトで展開し、著名企業の支店開設までこぎつければ注目度を高めることができるだろう。

 2、アーティストと連携したイベントを行う

 旅館・ホテルの同業者と議論をいくら重ねても、これまでの発想を超える企画を立案することは難しい。まちづくりや地域振興に関係がありながらも、全くの異業種と連携すると斬新なアイデアを生み出すことができる。

 例えば、地元のアーティスト(陶磁、木工、ガラス、漆、革、竹、金属、染色、染織、七宝、紙、貝などの素材を利用した工芸家)と連携して、旅館・ホテル発のオリジナルブランドを発信すると注目を集めることができる。複数の施設で協力して、同じテーマのアートを展示すればニュース性も高まるだろう。コロナ終息後の取り組みになるが、温泉巡りと一緒に、各館のアート巡りをしてもらうのも面白い。

 コロナ禍に苦しむ今だからこそ、未来への1歩につながる取り組みを仲間と一緒にチャレンジしたい。

 (アルファコンサルティング代表取締役)

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram