【逆境をチャンスにー旅館の再生プラン 562】すぐ取り組める補助金獲得法8 アルファコンサルティング代表取締役 青木康弘

  • 2021年4月21日

 前回に引き続き、初めて取り組む方でも分かりやすいように補助金申請のコツを紹介したい。事業再構築補助金や観光庁の補助金をはじめとして、旅館・ホテル、観光事業者が申し込めるものが相次いで公表されている。助成額が数百万円から数千万円と高額なものが多いので、ぜひ獲得し、アフターコロナにおける業績改善のきっかけとしたい。

 15、事業計画のアイデアをまとめるコツを身につける

 事業再構築補助金に限らず、事業計画書の作成は骨の折れる作業だ。普段、文章や図表の作成を行う機会が少ない方はなおさら重荷に感じるだろう。事業計画の作成を担う認定支援機関の協力を得るのも良いが、事業計画は自社の目標を達成するためのものである。

 他人任せにしすぎるのは良くない。他人が代筆した計画書は魂がこもっておらず、仮に採択されても実行力に乏しいものになる。少しでも自社でアイデアを考えまとめる習慣をつけたい。

 アイデアを生みだす発想力を身につけるためには雑多な情報を常にインプットすることが大切だ。旅館・ホテル業界だけでなく、さまざまな業界のニュースやプレスリリースを積極的に収集しよう。

 SNSで注目されている商品・サービスを参考にするのも良い。新規事業のアイデア収集に向いているのはPinterestやTwitterである。国内外の株式ニュースも参考になる。「業種別銘柄一覧」と検索すれば、好業績企業が取り組む旬の事業を知ることができる。雑多な情報を収集していく中で自社が取り組みたいことが見つかるだろう。興味が湧いたものはすぐにメモ書きに書き留めておきたい。

 事業計画を作成するのに市場環境、競合環境に関する情報が欠かせないが、地方で資料収集するのは難しい。マーケットリサーチを効率的に行うツールはネット上でいくつか提供されているが、旅館・ホテルが利用するには高価である。安く済ませたいと言うことであれば、国会図書館の遠隔複写サービスを利用すると良い。

 さまざまな業界の資料が低廉な料金でコピーできる。観光庁や日本政府観光局もネット上で有益な調査資料を公表している。こまめに情報収集してPCに保存しておけば、事業計画を作成するときに参考にできるだろう。

 本紙読者向けに事業再構築補助金の資料作成に役立つテンプレートを提供している。

 ご興味ある方は、メールで問い合わせてほしい(info@alfa-consulting.co.jp)。

 (アルファコンサルティング代表取締役)

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram