【調査データ】新成人の車に関する意識調査


 ナイルは5日、新成人の車に関する意識調査の結果を発表した。

マイカーのサブスクリプションサービス「おトクにマイカー 定額カルモくん」(以下、定額カルモくん)を提供するナイル株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:高橋 飛翔)は、2024年1月8日の「成人の日」に向け、東京都以外に居住し2024年に新成人を迎えると答えた824人を対象に、「車を必要としているかどうか」や「車選びのポイント」など車に対する意識についてインターネット調査を実施しましたので、調査結果をお知らせいたします。

【調査結果詳細】

  • 新成人のおよそ3人に2人が「車は必要」と回答。
  • 車を必要とするのに買えない理由は、「免許を持っていない」「経済的・金銭的理由」。
  • 車の代わりの交通手段は「電車」が最多

【調査背景】
2000年頃から「若者のクルマ離れ」が話題となり、車を所有したいけれど余裕がない、または車をそこまで必要としないと考える若者が増えていると言われています。実際に、車を所有するとなると車自体の価格が高額であることや、ガソリン代や税金など維持費の高騰、さらに若年層の貧困など、金銭面で高いハードルを感じている方も多いでしょう。そんな中、新成人で車を必要としている人はどのような状況なのでしょうか。「定額カルモくん」では新成人男女824人に、車に対する意識調査を行いました。昨年の調査結果と比較しながらご紹介します。

▼2023年実施、新成人の車に関する意識調査

https://carmo-kun.jp/column/pr/release-research-34/

【調査概要】

  • 調査対象:東京都以外に居住し2024年に新成人を迎えると答えた824人
  • 調査機関:自社調べ(調査ツールFastask使用)
  • 調査方法:インターネット調査
  • 調査期間:2023年12月8日~12月14日
  • 有効回答数(サンプル数):824

■新成人の3人に2人が「車が必要」と回答
Q1:車は生活で必要ですか?

・「必要」:68.0%
・「必要でない」:32.0%

東京都以外に居住する新成人に、車は生活に必要かどうか聞いたところ、「必要」が68.0%、「必要でない」が32.0%という結果となりました。約3人に2人は車を必要としていることがわかります。

■車が必要でも約4割は「自家用車を持っていない」

Q2. 自家用車を持っていますか?

・「持っている」:61.4%
・「持っていない」:38.6%

続いて、Q1で「必要」と回答した方に、自家用車を持っているかどうか聞いたところ、「持っている」が61.4%、「持っていない」が38.6%という結果となりました。車を必要だと感じているものの、約4割の方は自家用車を持っていないことがわかります。

■車を持たない理由の約半数は「免許がないから」

Q3.車が必要なのになぜ持っていないのですか?

・「免許がないから」:45.9%
・「経済的・金銭的理由」:27.0%
・「学生だから」:8.1%
・「家族・知人の車があるから」:7.2%
・「必要でないから」:4.5%
・「駐車場が無いから」:2.7%
・「購入後の維持費が高いから」:0.9%
・「その他」:3.6%

続いて、Q2で「持っていない」と回答した方に理由を聞いたところ、最も多かったのは「免許がないから」で45.9%、次いで多かったのは「経済的・金銭的理由」で27.0%でした。昨年と比較すると、主な理由は同じであるものの、「免許がないから」と答えた方の割合が増える結果となりました。

■車の代わりの移動手段は「電車」が約3割

Q4.移動はどうしているのですか?

・「電車」:28.9%
・「自転車」:20.6%
・「徒歩」:18.9%
・「バス」:16.7%
・「送迎/車を借りる」:12.2%
・「公共交通機関」:2.8%

さらにQ2で「持っていない」と回答した方に、移動はどうしているのか聞いたところ、最も多かったのは「電車」で28.9%でした。次いで多かったのは「自転車」で20.6%でした。昨年と比べ、「電車」を利用している方の割合が2.5%増えたほか、「徒歩」を選んでいる方が5%増えていることがわかりました。

■理想の車の条件は「デザイン性の高さ」と「運転のしやすさ」

Q5. 理想の車の条件を教えてください。

・「デザイン・色味が良い」:23.0%
・「運転がしやすい」:20.6%
・「お金がかからない・安い」:11.5%
・「固有の車種・型・メーカー」:11.5%
・「燃費がいい」:11.0%
・「安心安全性能」:11.0%
・「車内が広い」:4.8%
・「動けばなんでも」:2.9%
・「その他」:3.8%

続いて、Q2で自家用車を「持っている」と回答した方に、理想の車の条件を聞いたところ、最も多かったのは「デザイン・色味が良い」が23.0%でした。具体的には「オシャレでスタイリッシュな車」「外見がかっこいい車」などが挙げられました。次いで多かったのは、「運転がしやすい」で20.6%でした。「快適に乗れる車」のほか、コンパクトカーでは「小回りの利く車」を求めている方が多くみられました。昨年と比較すると「お金がかからない・安い」の割合が6%増加し、車を購入する際に価格を重視する方が増えている傾向がみられます。

■理想の車に「乗れていない」は約4割

Q6. 理想の車に乗れていますか?

・「乗れている」:59.0%
・「乗れていない」:41.0%

Q2で自家用車を「持っている」と回答した方に、理想の車に乗れているか確認したところ、「乗れている」が59.0%、「乗れていない」が41.0%という結果となりました。「乗れていない」と回答した方には、どのような理由があるのでしょうか。

■理想の車に乗れない理由は「経済的・金銭的理由」が約半数

Q7. なぜ理想の車に乗れていないのですか?

・「経済的・金銭的理由」:48.3%
・「家族の車だから」:13.3%
・「免許がないから」:8.3%
・「理想が高いから」:6.7%
・「譲り受けた車だから」:5.0%
・「自分で決めた車でないから」: 3.3%
・「その他」:15.0%

Q6で「乗れていない」と回答した方に理由を聞いたところ、最も多かったのは「経済的・金銭的理由」で48.3%、約半数を占める結果となりました。次いで多かったのは「家族の車だから」で13.3%でした。昨年と比較すると、「家族の車だから」の割合が8.5%増え、車を家族と共有して使用している方が多いことがわかりました。

■7割以上が車のサブスクを「知らない」と回答

Q8. クルマのサブスクを知っていますか?

・「知らない」:72.7%
・「知っている」:27.3%

Q1で「車が必要」と回答した方に、車のサブスクを知っているかどうか聞いたところ、「知らない」が72.7%、「知っている」が27.3%という結果となりました。

今回の調査により、新成人のうち生活に車が必要な方は6割以上いることがわかりました。理想とする車の条件には「デザイン・色味が良い」「運転がしやすい」との回答が多く、見た目と使いやすさの両方を求めている傾向がみられました。一方で、車を必要とする方のうち約4割の方が「自家用車を持っていない」と回答し、多くが免許を持っていないことや金銭的・経済的な理由となっていることがわかりました。また、車のサブスクリプションサービスについては、知らないと回答する方が7割と多く、若い世代にとってはまだ認知が低い結果となっています。

 
新聞ご購読のお申し込み

注目のコンテンツ

Facebook
X(旧Twitter)
YouTube
Instagram

第37回「にっぽんの温泉100選」発表!(2023年12月18日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位道後

2023年度「5つ星の宿」発表!(2023年12月18日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」「5つ星の宿プラチナ」は?

第37回にっぽんの温泉100選「投票理由別ランキング ベスト100」(2024年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2023 年度人気温泉旅館ホテル250選「投票理由別ランキング ベスト100」(2024年1月22日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒