【調査データ】国内宿泊旅行ニーズ調査 2023~2024冬 じゃらんリサーチセンター調べ


 リクルートのじゃらんリサーチセンターは12月19日、「国内宿泊旅行ニーズ調査 2023~2024冬」の結果を発表した。

株式会社リクルート(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:北村 吉弘、以下リクルート)の観光に関する調査・研究、地域振興機関『じゃらんリサーチセンター』(センター長:沢登 次彦、以下JRC)は、国内宿泊旅行マーケット全体の活性化への貢献を目的に、旅行者の旅行意欲や行動予定を定期的に聴取しており、この度『国内宿泊旅行ニーズ調査 2023~2024冬』の結果をご報告致します。今回の調査から、より旅行事業者・地域の皆さまにご活用いただけるよう、調査方法・調査項目を変更しました。

※本調査では「旅行」の定義において「帰省」を除外し、2023年12月28日(木)~2024年1月3日(水)を「年末年始」と定義しています。また、本調査の支出予定金額や宿泊予定日数は、正規分布をしていない裾の長いデータであり、一般的な相場を把握する際は中央値を参照したほうが良いため、中央値も記載しています。統計量は注釈がない限り聴取した桁数+1桁となるよう四捨五入をしています。

■年末年始・冬の行き先ランキング1位は東京都

年末年始の東京の旅行目的は「スポーツ観戦や芸能鑑賞(コンサートなど)」が人気

時期別に「旅行に行く予定である」または「まだ予定はないが、旅行に行きたい」と回答した人から、行き先・旅行目的・消費金額・宿泊日数の予定を聴取しました。行き先は年末年始・冬(年末年始を除く)ともに東京都が1位で、年末年始の旅行目的で最も多かったのは「スポーツ観戦や芸能鑑賞(コンサートなど)」(25.0%)、冬の目的は「テーマパーク(遊園地)・動物園・博物館など」・「スポーツ観戦や芸能鑑賞(コンサートなど)」(どちらも23.7%)でした。

一人当たりの旅程全体での宿泊予定金額の中央値は、年末年始で北海道・神奈川県・千葉県で2万円、東京都で1万5,000円、大阪府で1万円でした。年末年始を除く冬では北海道・千葉県・神奈川県が2万円、大阪府が1万2,000円、東京都が1万1,500円でした。

一人当たりの現地消費予定金額の中央値は、年末年始で東京都・北海道・大阪府で2万円、神奈川県で1万2,500円、千葉県で1万2,000円でした。年末年始を除く冬では、東京都・北海道・千葉県で2万円、大阪府で1万7,500円、神奈川県で1万円でした。

調査概要

調査目的:旅行者の旅行意欲や行動予定を定期的に聴取し、地域および宿泊施設を主とした具体的施策に役立て、旅行マーケットの拡大に貢献する。※本調査からモニターおよび聴取方法を変更しました

調査対象者:インテージのインターネット調査モニター(マイティモニター)

スクリーニング調査:18歳~69歳 6,482人(2020年度の国勢調査をもとにインテージが独自に算出した2023年現在の人口構成比モデルに沿うように、全国9ブロック毎に、性別(男性/女性)および、年齢(18-34歳/35-49歳/50-69歳)の割付を実施)

本調査:3,231人(スクリーニング調査にて11月以降の旅行について、いずれかの時期に「旅行に行く予定である」または「まだ予定はないが、旅行に行きたい」と回答した人から、本調査の設問について先着回答順で3,000サンプルを目標に聴取)

調査時期:2023年11月15日(水)~11月20 日(月)

 
新聞ご購読のお申し込み

注目のコンテンツ

Facebook
X(旧Twitter)
YouTube
Instagram

第37回「にっぽんの温泉100選」発表!(2023年12月18日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位道後

2023年度「5つ星の宿」発表!(2023年12月18日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」「5つ星の宿プラチナ」は?

第37回にっぽんの温泉100選「投票理由別ランキング ベスト100」(2024年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2023 年度人気温泉旅館ホテル250選「投票理由別ランキング ベスト100」(2024年1月22日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒