【訪日客4000万人時代の和食 食と観光1】昭和33年発足 思い出の東京五輪 尾川欣二

  • 2017年8月13日

 今回、私共レストラン協会の役員メンバーが、今、国をあげて取り組んでいる訪日外国人(インバウンド)と、われわれ「食」を本業としている料理、飲食、レストランの現状と今後の課題などについて書いていこうと思う。1年間の連載で、各地のメンバーが観光立国とわが業界、わが店について書かせていただく予定だ。第1回は会長の私がレストラン協会の発足の経緯について書いてみたい。

 昭和33年11月に、当時の運輸省のご指導ご支援により「国際観光日本レストラン協会」が発足した。昭和33年と言えばまだ戦後13年だ。いよいよこれからが新しい日本へのスタートの頃だったように思う。

 現在の天皇陛下が美智子皇后とご婚約なさった年、東京タワーの完成、1万円札の発行など、新しい日本の基盤づくりが行われた頃である。そして6年後、昭和39年10月10日から開催された第18回「東京オリンピック」。

 当時の政府も将来の国際化を予測され、諸外国の方々がビジネスや観光にと多数来日される日が来るだろうとの思いの設立であったと思う。

 発足間もないわれわれレストラン協会の会員店のうち、地方の老舗の料理屋から料理人を派遣してもらい、プレスの人々に食事を提供させていただいた記録が残っている。実に53年前のことである。

(国際観光日本レストラン協会会長・尾川欣司)

関連する記事

先日、福岡市博多区中洲の「博多名代吉塚うなぎ屋」に伺った。約160席もあるのに、いつ行っても行列ができている人気ぶりで、多い時には1日千人のお客さまが訪れるという。昨年…

続きを読む

名古屋に数日滞在した。名古屋城はあるが、冬の観光地としては、他に訪れる場所も考えにくく、弱いように思えるが、街には外国人が目立つ。街観光で買い物や飲食に消費行動が動いてい…

続きを読む

前回に引き続き、女性に焦点を当てて、働きやすい旅館・ホテルにするための具体的な対策について紹介しよう。 長時間労働を是とする旧態依然とした考え方や、独特の労働慣習にとら…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?