【訪日ラボの目線 インバウンド市場を読み解く 3】国慶節の人気旅行先、日本が首位 台風や地震があったのになぜ?

  • 2018年10月9日

 中国最大級のOTA、Ctrip(シートリップ)が、国慶節期間中の中国人旅行者の旅行先人気ランキングを発表した。昨年1位のタイを破り、今回日本が初めて人気旅行先首位を勝ち取った。9月には、台風21号や北海道の地震といった観光業界にとっても厳しい状況が続いたのにもかかわらず、この快挙を達成したのはなぜだろうか。

 Ctripの分析によれば、日本人気の内的な要因としては、日中関係の改善や、北海道の地震や関西国際空港の被害が限定的なものだったことが指摘されている。また、関西や北海道以外の代替となる観光資源が豊富なこと、さらにはビザ緩和なども要因として挙げられる。外的要因としては、タイでは7月に中国人を乗せたボートの転落事故が発生したことで安全面の不信が高まったこと、そして韓国ではTHAAD配備問題に関連し、韓国行きの旅行商品の販売を中止する「禁韓令」が開始されたことがあり、ライバルとなる国への旅行需要が落ち込んだことが後押しとなった模様だ。

 今回の台風21号や北海道の地震で国慶節需要が大きく減退しなかった理由は他にもある。それはSNSの存在だ。在日の中国人KOL(キー・オピニオン・リーダー)など、実際に被災地にいた中国人SNSユーザーらが、現地の様子と被災からの復興の速さを、写真やライブ中継を交えて投稿した。この影響力はすさまじく、これにより訪日旅行を控えていた中国人旅行者たちに安心感を与え、国慶節需要への大ダメージを防いだものとみられる。

 今年の国慶節需要トレンドから見えたことは、災害の多い日本が、インバウンドビジネスを持続可能なものにしていくために何が大事であるかだ。すなわち、風評被害を防ぐような適切な情報発信や、実際に被災してしまった訪日外国人に、いかに適切な対応をとれるかだ。ラグビーW杯、東京五輪、そしてポスト五輪の期間、災害が全く起こらない可能性はほとんどゼロに近いだろう。だからこそ、今からインバウンドを意識した災害時対応を考えなければならない。

関連する記事

前回に引き続き、今からでも間に合う増税時代を乗り切るための販売戦略について説明したい。本体価格から見ると2%アップに過ぎないが、税額から見ると25%アップである。旅館・ホ…

続きを読む

日本のバス運転手は全国的、慢性的に不足しています。前回、その要因に「高齢化」と「性別の偏り」があることをお伝えしました。言い換えると、若者の採用や女性の活用が進んでいない…

続きを読む

全国紙の社会面を先日までは「豚コレラ」が飾った。岐阜県でスタートを切り、ついに関東にまで感染が広がった。愛知、三重、福井、埼玉、大阪、滋賀、山梨、長野など、9府県で被害を…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

 英語応対能力検定

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube