【観国之光 416】5類への移行 観光業の真価問われる  本社論説委員 内井高弘

  • 2023年5月15日

感染症法上の「5類」移行で人々の旅行意欲は一層高まりそうだ(横浜で)

 新型コロナウイルスを取り巻く環境が変わる。感染症法上の位置付けが5日、季節性インフルエンザと同じ「5類」になった。これに先立ち、世界保健機関(WHO)も緊急事態宣言の終了を発表。長期に及んだコロナ対策は大きな節目を迎えた。

 ただ、5類に移行したといってもコロナウイルスが消えたわけではない。依然として感染者、死者は出ており、年齢や健康状態によっては生命を脅かされる危険性は残っている。油断せず、これまで以上に感染防止や健康管理に注意したい。

 観光業界にはどんな影響が出るだろうか。すでにマスク着用は個人の判断となり、水際対策も撤廃されている。旅館・ホテル関係者は「5類移行はゴールデンウイーク(GW)前の実施がベストだったが、それはともかく、大きな区切りとなることは間違いない」と話す。

ペイウォール会員向け記事です。

 
新聞ご購読のお申し込み

注目のコンテンツ

Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram

第36回「にっぽんの温泉100選」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位道後

2022年度「5つ星の宿」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第36回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2023年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2023年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒