【観国之光 398】忘新年会シーズン 第8波の影響出るか 本社論説委員 内井高弘

  • 2022年11月28日

忘新年会のシーズンを迎えるが、需要は回復するのだろうか(写真と本文は関係ありません)

 新型コロナウイルスの流行から3度目の冬。これから忘新年会シーズンを迎えるが、観光業界には期待と不安が入り交じる。行動制限が緩和され、需要が増えるのではないかという期待と、感染第8波への不安だ。

 15日、鳥取県米子市の皆生温泉関係者が市役所を訪れ、忘新年会は「ぜひ地元で」と利用を呼び掛けた。地元テレビ局によると、旅館組合の伊坂明組合長は「第8波というのも心配になってきていますので、人数は制限したり今まで通りの感染予防をしながら宴会・食事を楽しんでいただきたい」と話した。

 長野県千曲市は15日、忘新年会シーズンに27の宿泊施設で使える「月の都ちくま割(忘新年会プラン)」をスタート。1人5千円以上の宿泊、または日帰りで利用すると1500円が割り引きされる。1月末まで実施。

 静岡県沼津市は9月から、年末年始の忘新年会などの団体旅行に対し、1人当たり1万円補助している。市内に営業所や事業所を置く旅行会社15社が企画した、8人以上の団体旅行が対象で、旅行1回当たり最大30万円を旅行会社に補助する。「旅行会社によっては使い切っているところもあるが、まだ余裕はある」(観光戦略課)という。

ペイウォール会員向け記事です。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第36回「にっぽんの温泉100選」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位道後

2022年度「5つ星の宿」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第36回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2023年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2023年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram