【観国之光 385】多発する自然災害 国土強靭化を真剣に 本社論説委員 内井高弘

  • 2022年8月22日

頻繁に起こる自然災害。防災・減災のための公共事業は欠かせない(気象庁のHPから)

 気象庁は短期的な集中豪雨など「数十年に一度クラスの異常で重大な危険」が差し迫った場合、特別警報を発令するが、最近は数十年どころか頻繁に出されているような印象を受ける。地球温暖化のせいなのか、異常気象の発生確率は確実に高まっている。

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けた、政府による行動制限がない夏の旅行シーズンを久しぶりに迎え、多くの人でにぎわう観光地がある一方、東北や北陸などは記録的な大雨に見舞われ、大きな被害が出ている。

 大雨による土砂崩れや河川の増水、橋の崩落、建物への浸水などが毎年のように繰り返される。ニュース映像を見るたびに、未然に防ぐことはできないのか思う。多くの人が集う景勝地や観光を担う人たちの生活も一変する。

 大雨で被害を受けた東北のある旅館経営者は、「ここ数年、コロナでとても苦労してきた。ようやく取り戻せるかなと思った矢先にこの大雨。心が折れる」とテレビの取材に答えていた。

ペイウォール会員向け記事です。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram