【観国之光 384】宇宙旅行 実現へ環境整備着々 本社論説委員 内井高弘

  • 2022年8月8日

宇宙のまちづくりを掲げる北海道大樹町の北海道スペースポート(町のHPから)

 BA.5、ケンタウロス、サル痘…と、うんざりするほどウイルスの話題に事欠かない。夏の観光シーズンが最盛期を迎えている中、足を引っ張らなければいいが、と願うばかりだ。

 コロナ禍による行動制限の反動もあってか、人々の旅への意欲はことのほか強いように感じる。どんな旅をするかは人それぞれだが、究極の旅といえるのが宇宙旅行ではないか。

 これまで宇宙に行った日本人は14人。第1号は秋山豊寛さん(当時TBS社員)で、1990年12月のこと。民間人では衣料通販大手ゾゾ創業者の前澤友作さんら2人が初めてとなった。

 前澤さんらは2021年12月、ロシアの宇宙船ソユーズに搭乗し、国際宇宙ステーション(ISS)に12日間滞在した。宇宙飛行士の資格を持たない民間人の宇宙旅行時代の幕開けともいわれたが、費用は100億円ともいわれ、「億万長者だけがかなえられる夢」と冷めた意見も多かった記憶がある。

ペイウォール会員向け記事です。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram