【観国之光 372】大阪・関西万博 成功期待も課題多く 本社論説委員 内井高弘

  • 2022年5月16日

1970年の大阪万博は大きな盛り上がりを見せた。大阪・関西万博は果たして…

 2025年国際博覧会(大阪・関西万博)開幕まで3年を切った。4月中旬には中核となる8パビリオン(シグネチャーパビリオン)の基本計画も発表されたが、コロナ禍の収束が見通せない中、建設費高騰や参加招致の遅れなどが指摘されている。解決すべき課題は少なくない。

 大阪・関西万博は25年4月13日から10月13日まで、大阪湾に浮かぶ人口島・夢洲(ゆめしま、155ヘクタール)で開催される。テーマは「いのち輝く未来社会のデザイン」で、健康や医療に関する最先端技術を展示する。人を運ぶ「空飛ぶクルマ」の運航も計画されており、興味は尽きない。

 現在、参加を表明しているのは100カ国・地域と七つの国際機関で、目標とする150カ国・地域にはまだ届いていない。多ければ多いほどいい、という単純なものではないだろうが、世界の先端技術が一堂に集まる機会はそうないだけに、目標数に少しでも近づけてほしい。

 気になるのはコロナがどうなっているかだ。大阪関西万博では来場者数約2800万人を目標に掲げているが、流行状況で落ち込む恐れもある。想定する約2兆円の経済波及効果も皮算用となりかねない。ちなみに、1970年に開かれた大阪万博では約6400万人の来場者があった。

 約190の国・地域が出展したドバイ万博はコロナの影響で1年遅れでの開催となり、今年3月に閉幕。それでも目標来場者数2500万人に迫る約2300万人が来場したという。

ペイウォール会員向け記事です。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram