【観国之光 235】大阪万博 訪日客6000万人に弾み 本社論説委員 内井高弘

  • 2018年12月7日

大阪万博の会場となる人工島の「夢洲」。会場整備に莫大な費用もかかりそうだ

 2025年の国際博覧会(万博)の開催地が大阪に決まった。博覧会国際事務局(BIE)の総会が11月23日、フランスのパリで開かれ、BIE加盟170カ国の投票の結果、開催地に立候補していた他の2都市(ロシア・エカテリンブルグ、アゼルバイジャン・バクー)の得票数を上回った。日本で万博が開かれるのは愛知県での「愛・地球博」(05年)以来、20年ぶり。大阪府での開催は70年以来55年ぶり、2度目となる。

 万博の開催決定に、旅館・ホテル業界も期待の声を上げている。大阪府旅館ホテル生活衛生同業組合の岡本厚理事長は「決まってよかった。大阪には新しいホテルが増え、20年のオリンピック以降、(旅館・ホテル業界が)どうなるか不安だったが、期待が持てる結果となった。インバウンドはもとより、国内の団体客が動くと予想される。大阪はIR(統合型リゾート施設)誘致にも取り組んでおり、そちらの成功も併せて期待している」と述べた。

 25年の大阪万博は5月3日から11月3日までの185日間、大阪市此花区の人工島「夢洲」で開催。来場者数約2800万人、経済波及効果約2兆円が見込まれている。

大阪万博の会場となる人工島の「夢洲」。会場整備に莫大な費用もかかりそうだ

関連する記事

産業遺産、工場遺構、生産現場(工場、工房、農漁場)などを観光資源とする「産業観光」は、国の観光立国推進基本計画の柱の一つとしても採用されることとなった。そして、地方自治体…

続きを読む

今年の初めに「2018年のホテル旅館業界の予測~WEB~」と題し、その中で旅館におけるテクノロジーの活用について触れた。 昨今でも「AI」「IoT」「キャッシュレス社会…

続きを読む

10月、福島県金山町主催で第2回目の只見線シンポジウムが開催された。まず、三角ベースボールの縁で奥会津をこよなく愛し、聖地と呼ぶ作家の椎名誠さんが「只見線の全面復旧への思…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube