【観光DX特集】トリプラの現地宿泊施設専用QRコード決済サービス「tripla Pay」

  • 2022年8月26日

tripla Payイメージ

固定費無料、手数料は安価

 宿泊予約エンジン「tripla Book」やAIチャットボット「tripla Bot」などを提供するtripla(トリプラ)は、この5月から宿泊業界向けの現地決済サービス「tripla Pay」の提供を開始した。

 このサービスは初期費用と月額固定費用が無料。通常3・5%程度かかるとされている決済手数料をより安価で提供するもので、「宿泊業界の利益向上と顧客サービス向上に貢献する」と同社。

 1泊5万円、20室の旅館で50%の稼働を想定した場合、決済手数料3・5%と比べると、1カ月あたり約20万円程度の費用削減が可能という。

 宿泊施設側は、tripla Payに接続し、支払い情報と金額を入力。支払い情報を保存するとQRコードが自動作成され、そのQRコードを宿泊客に提示する仕組み。支払い情報はtripla管理画面から一覧管理できる。

 宿泊者はQRコードをスマートフォンなどで読み取り、クレジットカード情報を入力することで支払いが完了。宿泊先のスタッフにクレジットカードを提示する必要もなく、非接触で決済ができるほか、宿泊中の決済も可能となり、チェックアウト時の手続き時間の短縮にもつながる。

 電話対応などを余儀なくされていたキャンセル料の請求も、SMSやメール送信で簡単に請求できる特徴もある。

 宿泊施設の予約の現状はOTA経由が多く、公式サイトからは15%程度とされる。OTA経由の予約の場合、宿泊施設が得られる顧客情報は氏名や電話番号などに限られ、リピート利用につながる顧客情報を獲得しにくい。同社では「tripla Payを利用することで、宿泊施設とお客さまの接点を増やし、自社予約比率向上につなげることが可能」とアピールしている。

tripla Payイメージ

tripla Pay(宿泊施設専用 QRコード決済サービス) – 【公式】宿泊施設特化のAIチャットボット、予約エンジン、CRM・MA|トリプラ


関連キーワード
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram