【観光関連団体トップ 新年あいさつ】観光産業がさらなる飛躍を遂げる元年に 全国旅行業協会会長 二階俊博


二階会長

 明けましておめでとうございます。新しい年を迎えるにあたり、ごあいさつを申し上げます。

 2023年は、5月に新型コロナの感染症法上の位置付けが5類へと引き下げられたことで、観光業も国内旅行や訪日旅行を中心ににぎわいを取り戻し始め、観光の再生に向けた大きな一歩を踏み出した年となりました。その一方で、オーバーツーリズム、団体旅行の需要回復の遅れ、物価の高騰、宿泊機関や運送事業者などのサービス提供機関の人手不足など、さまざまな懸案事項が顕在化する年でもありました。

 旅行業界の再生への道筋と課題が見えてきた中で迎える新たな1年は、わが国が目指す観光立国の実現に向けて、旅行業界が飛躍する年にしなければなりません。そのためにも、事業者、旅行業協会、関連省庁などが一致団結し、同じゴールを目指して歩みを進めていくことが肝要となります。われわれ、旅行業協会も、持続可能な観光地域づくり、多様化する旅行ニーズへの対応、利益率の高い高付加価値商品の造成促進、観光DX化への取り組みなど、新たな旅行業界の姿を業界内外に向けて発信し、旅行機運を高めるとともに、会員の皆さまの力が十分に発揮できる環境の整備に努めてまいりたいと存じます。

 また、本年2月15日には愛知県名古屋市で「第18回国内観光活性化フォーラムinあいち」を開催いたします。本フォーラムは、当協会47支部組織、全国のANTA会員並びに観光関係の皆さまが一堂に会し、開催地の愛知県への送客を促進するとともに、国内旅行および地域観光のさらなる需要拡大を図ることを目的とした大会となります。本フォーラムが旅行業界の活性化を導く、実り大きいものとなるよう全力を尽くしてまいります。

 さらに、海外旅行やインバウンドの国際往来につきましても、近隣諸国を中心に、より活発な交流が行われるよう取り組んでまいります。私はかねてから「観光は平和産業」と申し述べておりますが、国際交流が盛んになることで、お互いの国への理解が深まり、国民同士の絆が結ばれ、新たな観光需要が生み出されることとなります。観光での交流で得た絆は不安定な社会情勢にも左右されにくい、国の宝であります。ANTA会員の皆さまが先頭に立ち、多くの日本人が外国の文化に触れ、多くの外国人が日本の文化の素晴らしさを経験する機会を大いに創出していただきたく存じます。

 観光が明るくなれば、世の中は必ず明るくなります。これまで培ってきた長年の経験と英知を結集して、全国各地の元気を取り戻すべくANTA会員一丸となり、わが国の観光産業がさらなる飛躍を遂げる元年となるよう、総力をあげて共に奮起してまいりましょう。

 
新聞ご購読のお申し込み

注目のコンテンツ

Facebook
X(旧Twitter)
YouTube
Instagram

第37回「にっぽんの温泉100選」発表!(2023年12月18日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位道後

2023年度「5つ星の宿」発表!(2023年12月18日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」「5つ星の宿プラチナ」は?

第37回にっぽんの温泉100選「投票理由別ランキング ベスト100」(2024年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2023 年度人気温泉旅館ホテル250選「投票理由別ランキング ベスト100」(2024年1月22日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒