【観光業界人インタビュー】楽天ライフ&レジャーカンパニー 星野俊介CTO

  • 2018年2月7日

 楽天トラベルがこのほど発表したサイトの全面刷新について、CTOの星野俊介氏(楽天株式会社執行役員・ライフ&レジャーカンパニーチーフテクノロジーオフィサー)に聞いた。

 ――なぜサイトリニューアルを行うのか。

 「楽天トラベルは前身のブランドを含めると1996年のPCサイトから始まり、そこから基本的には同じシステムのまま、デザインを改良してきた。ところが現在では、アクセスの6割以上はスマートフォン(スマホ)からとなるなど環境も変わり、サイトデザインや機能、そしてシステム自体も、それに合わせて抜本的に変えるべきと考えた」

 ――外資OTAや民泊サイトの画面のつくりはシンプルだ。

 「新しい流れ、新しいサービスが次々と登場する。スマホの小さい画面に、ユーザーが求める情報を的確に表示することが求められている。世の中の好みの変化に合わせることが、宿泊施設のためにも必要となる」

 「観光庁が発表している宿泊者数の推移から見ても、日本人宿泊客が今後爆発的に伸びることはない。インバウンド宿泊客は今後も伸び代がある。国内外の旅行者に利用され続けるプラットフォームへと進化させなければならない」

 ――リニューアルの方向性は。

 「今回のリニューアルのポイントは『モバイルファースト』『グローバル』『シンプル』、そしてデータとAIによる『ベストマッチング』だ。このベストマッチングこそが私たちの強み。楽天経済圏の中で蓄積されたユーザーの趣味嗜好(しこう)、旅行傾向などのデータをAIが分析し、最も相性が良い宿泊施設や旅行先とマッチングさせる。楽天会員は現在、国内に約9340万人、世界に約11億人いる。最新のテクノロジーを使ったパーソナライゼーションによるベストマッチングはユーザーと宿泊施設の双方にメリットがあると思う」

 ――宿泊施設のカスタマイズページも新しくなる。

 「新カスタマイズページは、フォーマットにタイトル、写真・動画、説明などを入力してもらう仕組み。一度の入力で多言語展開ができ、見た目も統一され、国内外の旅行者に見やすい作りとなった。情報の更新もSNSに投稿する感覚で簡単にできる、時代の流れに合わせたページになる」

【聞き手・江口英一】

※詳細は下記紙面PDFに掲載

https://www.kankokeizai.com/image/2018pdf/20180203_08.pdf

 


関連キーワード

関連する記事

◎…旅行事業部は国内事業、海外事業、保険の3課で成る。2013年4月、九州統括事業部部長から旅行事業部の副部長兼国内事業課長に就き、16年6月に部長就任。「継続は力なり」…

続きを読む

北海道150年、これからの発展戦略 2018年は、蝦夷地が北海道と命名されて150年となる。北海道では、これまでの歴史や文化、先人の偉業を振り返り、未来につなぐ節目の年と…

続きを読む

復興の先を見据え活性化観光企画人材を育成支援 ──さんりく基金立ち上げの背景は。 「三陸地域の産学官民の連携強化などを支援する『三陸地域総合研究センター』を母体に、『…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?