【観光学へのナビゲーター 36】観光による地域振興には地域住民が鍵 日本国際観光学会オーバーツーリズム研究部会・国際観光サービスセンター 矢田部 暁

  • 2021年5月12日

矢田部 暁氏

 地域において、観光客の誘致・受入による地域振興を持続的に進めていくためには、観光関連産業に従事していない一般の地域住民の理解を高めていくことが不可欠と考えられる。地域は住民の日常生活の場である。そこに、外部からの非日常の場所としてその地域を訪れる観光客によって、地域住民はプラス、マイナス両面の様々な影響を受けることとなる。

 日本国際観光学会オーバーツーリズム研究部会では、川越市内在住者を中心にオーバーツーリズムに関するアンケート調査を実施し、「川越が観光地として有名になったことについて感じること」について尋ねた。その結果、川越市内在住者の中でも観光関連産業従事者と非従事者の間で感じ方が異なる傾向のあることがわかった。

 この設問では八つの選択肢を設け、当てはまるものはすべて選択可として回答を得たところ、七つの選択肢で観光関連産業従事者のほうが選択率が高い結果となった。唯一、観光関連産業非従事者の選択率のほうが高くなったのは「全国的に注目され誇りに思う」であった。選択肢別にみると、両者を合わせた選択率が最も高かったのは「川越のイメージアップにつながる」で、観光関連産業従事者と非従事者の選択率の差が最も少ない選択肢でもあった。一方、両者で最も選択率の差が大きく、観光関連産業従事者の選択率が高かった項目は「多くの人が来ることで経済が潤う」であった。

 これらのことから、川越が観光地として有名になることに関する一般の地域住民の関心は、観光関連産業従事者に比べると相対的に低い。また、観光客による経済的な効果についてもあまり実感・理解していない。一方、「川越のイメージアップにつながる」、「全国的に注目され誇りに思う」という情緒的な面においては観光地であることを大いにプラスに捉えている。しかし、観光客の増加等によって一般の地域住民の日常生活に様々な影響が出てくるようになると、上述の情緒的な面に対する彼らのプラスの感じ方が薄らいでいく可能性があると考えられる。この情緒的な面が観光による地域振興のプラス面であることの認識を、地域住民の間で定着させていくことが重要であろう。具体的には、地域住民と観光客が接する機会の創出等によって、より多くの地域住民が観光客をとおして地域の固有性やその魅力等を実感していくことが、地域における観光による持続的な地域振興につながっていくものと考えられる。

 観光による地域振興の意義を一般の地域住民へと広げ理解を得ていくことが、鍵となるとだろう。このことはアンケート対象となった川越に限らず、すべての観光地に於いて言えることではないだろうか。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram