【衛生管理特集】アクアスのレジオネラ衛生管理プログラム

  • 2020年4月29日

モバイルリアルタイムPCR装置

オンサイトでPCR試験

 アクアスは、モバイルリアルタイムPCR装置「Pico Gene PCR1100」(日本板硝子製)を導入し、緊急事態時に早期に対応することのできるオンサイトレジオネラ衛生管理プログラムを提供している。このプログラムはレジオネラ属菌の検出をオンサイト(現場)で行うことにより、速やかな営業再開に貢献している。

 オンサイトレジオネラ衛生管理プログラムで利用しているPico Gene PCR1100は装置重量が約560グラムと小型軽量であり、バッテリーで駆動するためオンサイトでPCR試験を行うことができる。また、PCR(ポリメラーゼ連鎖反応)に必要なサンプル温度の上昇、下降を非常に高速に行うため、条件によっては約10分で50サイクルの反応を終了することが可能だ。このため、約1時間でレジオネラ属菌のPCR検査を完了できる。

 PCRでは、遺伝子を増幅するために検体温度の上昇、下降を繰り返し、二つの温度域を往復させることが必要だ。従来のPCR装置は一つの温度調節装置で検体の加熱冷却を行っていたため、温度の上昇、下降に時間を必要とした。一方、Pico Gene PCR1100では装置内に二つの異なる温度領域を保持しておき、検体を専用チップの中で高速移動させることでPCR反応を制御する。温度調節装置による温度の上昇、下降工程を省くことにより、反応時間の大幅な短縮を可能とした。

 アクアスは人工環境水のレジオネラ対策のパイオニアとして1982年にレジオネラ属菌対応の除菌剤を開発、販売を開始した。また同年、民間では国内初となるレジオネラ属菌検査を開始。以来、レジオネラ対策の第一人者として、広く認知されている。現在では年間約3万検体の検査実績がある。

モバイルリアルタイムPCR装置

レジオネラ対策 | 水を活かす技術のアクアス

 


関連キーワード
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram